ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

勘違いしやすい男子に効果アリ!? 本命男子をソノ気にさせる方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

男子に送った何気ないLINEや励ましの言葉などがきっかけで、「お前ってオレのこと好きなの…?」と勘違いされた経験ってない?

 

今回は、そんな「男子を勘違いさせちゃった女子の行動」をアンケート調査し、「男子はどんなことをされると自分に好意があると思うのか」を探ってみることに(※)。

 

これがわかれば、ただの男友達に誤解されることを防げるだけでなく、本命男子へのアプローチテクとしても使えるかも!?

 

突然の連絡や笑顔で男子をドキっとさせる!

 

 

・「しばらく連絡を取っていなかった小学校時代の男友達にLINEで『文化祭っていつ?』と聞いたら、『オレと一緒に回りたいのかな』と勘違いされたみたい。ただ日程を知りたかっただけなんだけど、突然このひと言だけを送ったから意味深に見えたのかも」(高1・神奈川)

 

・「男友達のツイートに初めて『いいね』をしたら、急に学校で話しかけられる回数が増えた」(高1・千葉)

 

・「廊下で目が合った男子にニコっと笑顔を見せたら、ツイッターをフォローされた。今までは廊下ですれ違ってもスルーだったけど、その時はたまたま笑顔を返したから勘違いしたのかも」(高1・千葉)

 

普段とは違う女子の行動は、男子を勘違いさせる可能性大! 特に、文化祭やクリスマスなどイベント関連の連絡や、ツイッターのふぁぼはドキっとするみたい。

 

・「男子は『ツイッターやLINEでやり取りしてくれる=自分に興味がある』と思うのかも」(高1・神奈川)

 

という声もあるので、本命男子にアピールできない恥ずかしがり屋さんの女子は、相手のツイートにリアクションしたり、特に用事がなくても「今何してる?」と突然LINEを送ってみるだけでも、「オレのこと気にしてる!?」と意識してもらえるかも。

 

SNS以外では“突然の笑顔”も男子を勘違いさせやすいことが判明!

 

「いつも本命男子の前では緊張してうつむいてしまう…」という人は、思い切って笑顔を見せることで、ギャップが生まれてより効果的かも!?

 

男子が“自信を持っているポイント”をホメる!

 

 

・「球技大会で活躍していた男子に『お疲れ! かっこよかったじゃん!』と声をかけたら、後日、『あのコ、オレのことどう思ってるのかな?』と友達に相談してたらしい」(高1・東京)

 

・「クラスメイトの男子のテニスの試合を観に行って、その夜に『頑張ってたね!』とLINEしたら、『オレのこと好きなの?』と聞かれた」(高1・東京)

 

・「得意科目で悪い点数を取って落ち込んでる男子を『大丈夫! 自信持って!』と励ましたら、今まで苗字で呼ばれてたのに下の名前で呼ばれるようになった」(高1・神奈川)

 

女子にホメられることで、心が動く男子はかなり多いよう。

 

特に、部活や勉強など“自分が自信を持っていること”をホメられるとテンションが上がって、「オレのこと好きなのかな」と勘違いする男子が多数!

 

本命男子をソノ気にさせるなら、相手が日頃から努力していることを見つけて「すごいじゃん!」「かっこいいね」とシンプルにホメるのが効果的みたい!

 

ボディタッチや2ショット写真で“特別感”を伝える

 

 

・「話しかける時に『ねぇねぇ』と男子の腕をトントン叩いたら、急に馴れ馴れしくなった。何となくボディタッチはそのコにだけしてたから『自分は特別だ』と思ったのかも」(高1・千葉)

 

・「文化祭の後、仲の良い男子と2ショット写真を撮ったら、しばらくしてデートに誘われた。教室にほかの男子もいる中で一緒に写真を撮ったから、何かを感じたのかな…」(高3・千葉)

 

ボディタッチや2ショット写真など、自然と距離が近づく行為は男子を勘違いさせやすいみたい。さらに、“みんながいる前で自分だけにされる”ことで勘違い度は倍増!

 

本命男子にアプローチする時は、「あなたにしかしていません」という“特別感”を出すと好意が伝わりやすいかも。

 

ちょっとしたことでも「オレに気がある…」と思っちゃう男子。今回の結果をヒントに、本命のカレにさり気なくアプローチしてみる?

 

※2015年12月リクナビ進学調べ(24人を対象に路上で調査)

 

***

【あわせて読みたい記事】

◆「イケメン」以外のモテる男の条件を女子高生に聞いた!

投稿勘違いしやすい男子に効果アリ!? 本命男子をソノ気にさせる方法はリクナビ進学ジャーナル/大学・短大・専門学校や高校生に関するニュースサイトの最初に登場しました。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
進学ジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP