ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

VR 3D Launcher : 仮想空間でCardboard対応アプリを起動するVR型ランチャーアプリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google の VR ヘッドセット「Cardboard」に対応したアプリを仮想空間の UI で起動できるようにする VR ランチャーアプリ「VR 3D Launcher for CardBoard」がリリースされました。VR 3D Launcher for CardBoard はスマートフォンにインストールした VR アプリを 360 度ビューの仮想空間で起動するようにしたランチャーアプリです。アプリを立ち上げると目の前に草原が広がり、アプリを表示した樹木(?)にカーソルを合わせてタップ(VR ヘッドセットのトリガーボタンなど)するか、数秒カーソルを当て続けると、そのアプリが起動します。機能はこれだけで、特に便利というわけではありませんが、Cardboard 対応アプリを自動的に抽出するので、インストールしたアプリのアクセス性が向上します。ただ、アプリは有料(178 円)です。購入する価値があるのかどうかについては、微妙なところです。「VR 3D Launcher」(Google Play)

■関連記事
Googleマップのナビゲーション機能が改善、道路情報を地図に表示、ナビ音声がより自然な口調に変わる
Qualcomm、LTEカテゴリ16をサポートした「Snapdragon X16 LTE」モデムを発表、下りスループットは1Gbpsに
Android Wear 1.4(Android 6.0.1)で変更された初期化方法を紹介

juggly.cn
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP