ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ライチ☆光クラブ』で“人造人間”を熱演! 杉田智和「人でない者の方が命の尊い意味を知る映画」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


独創的な世界観と圧倒的な画力で支持される鬼才漫画家・古屋兎丸氏の少年たちの思春期の葛藤をテーマにしたカリスマ的人気コミックを原作に、野村周平さん、古川雄輝さん、間宮祥太朗さんら出演で映画化される『ライチ☆光クラブ』。いよいよ2月13日より新宿バルト9にて公開、27日より全国拡大公開となります。

光クラブの少年達に創造された人造人間・ライチの声を務めるのは人気声優の杉田智和さん。本作の内藤監督が「ライチに宿った感情を繊細に演じてくれた杉田さんが、物語の寓話性を豊かにしてくれた」と絶賛し、原作者の古屋さんも「声優の杉田さんは機械であるライチの微妙な心の変化を見事に演じておられます」と評価しています。

杉田さんがどの様にライチを演じたのか? 作品についてコメントをいただきました。

【関連記事】ダークで美しい衣装にセット……映画『ライチ☆光クラブ』原作の再現度がスゴい!
http://otajo.jp/57262

1:『ライチ☆光クラブ』のライチ役に抜擢された率直な気持ちを教えてください。
フランケンシュタインとジャイアントロボを思い出しました。耽美な世界観に良い意味で異質に映れば幸いです。

2:『ライチ☆光クラブ』のコミックやアニメをご覧になった事はありましたか?
原作は未見でした。余程好きな人がいて、今回の実写化に繋がったのだと思います。

3:ライチを演じる上で工夫した事、一番苦労した事を教えてください。
しっかりと演出を受けつつ現場で作り上げたので、苦労は特にありませんでした。

4:内藤監督が「杉田さんは微妙なニュアンスに完璧に応えてくれた」とおっしゃっていますね。
ライチに全て込めたので本編を見た感じが全てです。

5:アニメーションの現場と実写映画の現場、こういう所が違う/は同じ、と感じた事はありますか?
声優の在り方でしょうか。見下されず、かといって過度に期待もされなかったので良かったです。

6:本作は、少年達の妖しい秘密クラブを描いていますが、杉田さんご自身が少年時代に没頭していた事はありますか?
嘘がストレスになる子供だったので特にありません。

7:(本編映画をご覧になっていたら)感想、好きなシーンを教えてください。
こっそり映画館に観に行きます。そういうノリの方が楽しいんじゃないかって思います。

8:2016年も杉田さんの声を聴く事を楽しみにしているファンの皆さんへ、メッセージをお願いします。
人でない者の方が命の尊い意味を知る映画です。『ライチ☆光クラブ』を宜しくお願いします。


このライチのキャラクターデザイン及び特殊メイク・造形を担当するのは『寄生獣』(14)、『進撃の巨人』(15)など日本映画界を代表する特殊メイクアップ・デザイナーの百武朋さん。

舞台版ではライチを役者が演じるのが定番となっているが、映画版ではオリジナルで創り上げた造形物を動かす撮影手段を選択。ライチのデザインは、当初、現代的でスタイリッシュなデザイン案も上がっていたそうですが、ノスタルジックで親近感のある造形になっています。

美男子達の妖しい世界が描かれた映画『ライチ☆光クラブ』。ライチの造詣、杉田さんの声にも注目してご覧ください。

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP