ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ワンフェス2016[冬]】あの“ロボットレストラン”も初出展! ロボ&おもしろフィギュアまとめ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


2月7日に幕張メッセで開催されたフィギュア・ホビー・模型の大規模イベント『ワンダーフェスティバル2016[冬]』。企業ブースエリアやディーラーブースエリアなど、会場の展示内容を写真を中心にお届けします。なぜかあの“ロボットレストラン”も……!

※すべての画像入りの記事はガジェット通信でご覧ください
http://getnews.jp/archives/1390254[リンク]

なぜ!? ロボットレストランが初出展


会場をウロウロしていると、派手なネオンが目の前に! 新宿にある女性型の大型ロボットで一躍話題となったアミューズメントレストラン“ロボットレストラン”が謎のワンフェス初出展……!


一体なぜ? その疑問を率直に投げかけてみると、「なんとなく……」というゆるい返事。なんとなくでこの大掛かりなロボットもろもろ一式を幕張までもってくるなんて、やはりロボットレストランすごいです。



ペンライトやTシャツ、ぬいぐるみ、カラフルなコットンキャンディーなどオリジナル商品を販売。ロボットレストランてこんなに商品作っていたんですね。会場では実際にロボットに乗ることもできました。

懐かしのアニメ続々

ではロボット繋がりで、まずはロボットや合金シリーズをお届け。


可動フィギュア、ACTION TOYSのES合金シリーズに『真ゲッター1』が登場。




そしてそして! 同シリーズに『キャッ党忍伝てやんでえ』が! 懐かしい!! “ニャゴキング”まであります!


『忍者ハットリくん』のケムマキも新登場。




電ホビブースでは『ヘヴィーオブジェクト』のアラスカ基地や『ユニコーンガンダム』、『Zガンダム』『ザクⅡ』を展示。




千値練からは『超獣神機ダンクーガ』、『戦国魔神ゴーショーグン』、『マシンロボ クロノスの逆襲』のバイカンフーといったこれまた懐かしいラインナップ。



『ムテキング』や『テッカマン』も。


造形作家・竹谷隆之氏のオリジナルデザイン『縄文傀儡』の迫力もすごい。




ディーラーブースには、最近新作の美少女ゲーム化発表で話題の『メダロット』がチラホラと目に入りました。




『魔神英雄伝ワタル』や『覇王大系リューナイト』のロボ。


タカラトミーのブースで注目を集めていたのが『ZOIDS』の歩くシールドライガー! 本当にガションガションと歩いてきてカッコイイ!


根強い人気の『ZOIDS』。ディーラーブースにもジェノザウラーやコマンドウルフが。

figmaいろいろ動かし過ぎ!

グッドスマイルカンパニーの可動フィギュア“figma”シリーズの新作たちがちょっとおかしい……。



レオナルド・ダ・ヴィンチの『ウィトルウィウス的人体図』や『天使像』をfigma化! なんで!? でも何かと使えそうです。





他にも『コップのフチ子』やポリゴンのままの『バーチャファイター』キャラ、『変態仮面』も。




『未来少年コナン』や『究極超人あ~る』のR・田中、『ニンジャスレイヤー』だって可動させて遊べちゃいます。





『デュラララ!!』のセルティや『ワンパンマン』のサイタマ、『龍が如く』の桐生と真島、『METAL GEAR SOLID』のゴルルコビッチ兵、ソリッド・スネークもfigma化。

リアルなものから実用的なフィギュアまで



ワンフェス限定のMR.COLORコラボしたダンボーフィギュアガチャには人が殺到していました。カラーダンボーかわいい。ちなみにMR.COLORのケースは付いていなくてちょっと残念。



ディーラーブースには自由な発想のフィギュアが満載。スマホや文具などを支えてくれる“アニキスマホスタンド”や、ブタメンを食べるときには欠かせない“オモシブタ”。



やる夫ややる実も立体に。



恐怖すら感じるプロ用3Dフィギュア専門店のリアルな人間パーツ。


フィギュアではなく、立体的な切り絵を販売している人も!


キャラクターもの以外もあったり、ディーラーブースをゆっくり見て回るだけでも楽しいです。

関連記事:
【画像大量】躍動感いっぱい! 美少女フィギュアまとめ “ラブライブ!”・“デレマス”・“艦これ”も【ワンフェス2016[冬]】
http://getnews.jp/archives/1390096

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP