ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

上海問屋、寝ながらスマートフォンを操作して疲れにくいメガネ「DN-13648」を発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

上海問屋は 2 月 8 日、頭を上げたままでも自分の下が見えるという面白メガネ「DN-13648」を発売しました。価格は税込み 999 円です。DN-13648 は、フレームに角度を付けて内蔵してある反射ミラーでメガネをかけて前を向いたままでも下が見えるというものです。何に使えるのかというと、仰向けになって寝ている場合に頭を天井に向けたままでも手元のスマートフォンを操作できます。ごろ寝スマートフォンメガネといった製品ですね。スマートフォンやタブレットを楽な姿勢で操作できるようになることから、首への負担を軽減することができます。長時間寝ながら使っていると首や肩が痛くなるので、こういった負担を軽減してくれそうです。DN-13648 は度付きではなく、一般的なメガネの上からでも装着できますが、メガネの形状によっては装着できない場合もあります。Source : 上海問屋

■関連記事
WordPressのAndroidアプリがv5.0にアップデート
Sony Mobileは共通プラットフォームの5インチ / 5.2 インチ / 6インチスマートフォンを開発中?
医療・福祉系の求人サイト「求人アンテナ」の公式Androidアプリがリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP