体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Chromerに複数のWEBページを読み込みバブルで画面にピン留めする「Web Heads」機能が追加

WEB ページを Chrome カスタムタブで開くブラウザアプリ「Chromer」が v1.5 にアップデートされ、WEB ページをバブルで開いて画面上にピン留めする新機能が追加されました。新機能は「Web Heads」と呼ばれており、Chromer のトップ画面で有効にできます。デフォルトは無効です。どういう機能かというと、WEB リンクをタップして読み込んだ WEB ページをチャットヘッドのようにバブルで画面の端にピン留めします。これは複数の WEB ページを取りためて後からまとめ読みするときに役立ちます。

バブルをタップすると、WEB ページがこれまでの Chromer のように Chrome カスタムタブで表示されます。「Chromer」(Google Play)

■関連記事
LastPassがサービスロゴを刷新
TwtitterのCEOがタイムラインの仕様変更の噂を否定
Moto 360(2nd Gen)にAndroid 6.0.1(MEC23G)アップデートが配信中

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。