ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

渡部建がお手本? 現代に増える「スラッシャー」とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE金曜の番組「GOLD RUSH」(ナビゲーター:渡部建)のワンコーナー「CURIOUSCOPE」。1月29日のオンエアでは、「スラッシャー」についてファッション誌『ELLE』副編集長の三宅陽子さんにお伺いしました。

仕事の肩書きが一つではなく、いくつも肩書きがある人を指す「スラッシャー」。たとえば、名刺に「女優/プロデューサー/研究者」など、「/(スラッシュ)」が入ることから生まれたもので、とあるジャーナリストが2007年に出した本の中で「スラッシュキャリア」という言葉が使われたことから始まったそうです。

これにより、今まで一つ以上の肩書きがあると「副業」とみなされることが多く、どうしても「副業」という言葉には、経済的に不安定なため行っているというマイナスなイメージがありましたが、スラッシャーという言葉の誕生により、プラスなイメージに払拭されました。

ちなみに、三宅さんによれば、ナビゲーターの渡部建さんも「芸人/司会者/ラジオDJ/美食家」というスラッシャーだとか。「お手本ですね。(スラッシャーの)鏡だと思います」と絶賛。

このスラッシャーが増えているのは、1975〜1989年生まれまでの「ジェネレーションY世代」と呼ばれる世代の人たち。まさに不況な煽りを受けた世代で、学生の頃は就職難、就職してからも生活が不安定で保証された未来がない中で、自分のセンスや判断力を信じるしか道がなかったことから、リスクヘッジの意味も含めてスラッシャーが増えたそう。

スラッシャーは特に、未だに社会的に賃金が安いとされる女性に増えているそうですが、理由はそれだけではなく、女性は「マルチタスクではないと退屈する」という心理もあるのだとか。

また、スラッシャーでも肩書きが、どれも中途半端な人はダメなスラッシャーで、「何か一つの職業に軸足があると良い」と定義されるそう。たとえば、アメリカでは「検事/ズンバ講師」「女優/エンジニア」など業種にギャップやバリエーションがあると、それぞれの仕事のイメージを良い意味で補完できるとか。最後に、スラッシャーで成功するための8つの心得を教えていただきました。

1. 辛抱強くなる
2. それぞれの仕事がどのように補完しあうかをよく考える
3. 自分の職能は自分で定義する
4. 時間を賢く使う
5. クリエイティブに考える
6. すぐにあきらめない
7. 一週間を注意深く計画する
8. 自分がくつろぎながらできる仕事をひとつ以上持つ

特に大事なのは8で、「気晴らしができる仕事」をもっておくと良いそう。渡部さんでいえば趣味が高じた「美食家」が当てはまりますね。あなたのまわりでもスラッシャー、増えていませんか?

【関連サイト】
「GOLD RUSH」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP