ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Androidアプリの開発環境「Android Studio 2.0 Beta」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が Android アプリの開発環境「Android Studio 2.0」のベータ版のリリースを発表しました。Android Studio 2.0 のソフトウェアは昨年 11 月に Canary チャンネルのプレビュー版としてリリースされましたが、今回は改良を施し、ベータチャンネルに昇格させて提供しています。ベータ版の主な変更内容はプレビュー版とほぼ変わらずで、アプリを再ビルドすることなく変更箇所を評価端末やエミュレーターでテストできる「Instant Run」の追加、ADB の実行性能の高速化、App Indexing 機能の統合、OpenGL の動作をプロファイリングできる分析ツール「GPU プロファイラ」の追加、 IntelliJ 15 の統合です。ベータ版になって Instant Run にアプリをリスタートしてコードを実行する Cold Swap 方式が追加され、App Indexing では設定した URL をテストツールで検証する機能が追加。また、Android のエミュレーターは Preview 版の後にリリースされたリニューアル版を収録しています。Source : Android Developers Blog

■関連記事
ASUS、カラフルなカラーリングが特徴のZenFone用テーマ「ZenColorful」をリリース
マイナンバーカード(個人番号カード)をスマートフォンから申請してみた
TwitterがFacebookのようなタイムラインを導入するとの噂

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP