ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android WearはAndroid 6.0アップデートで省電力機能「Dozeモード」に対応、Motorolaが公開した「Moto 360(2nd Gen)」のリリースノートで判明

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Motorola が公開した「Moto 360(2nd Gen)」における Android 6.0 アップデートの変更内容で、対応言語が拡大され、Doze モードや時刻の手動設定に対応することが判明しました。Android Wear 1.4(Android 6.0)の主な変更はこちらの記事で紹介した通りなのですが、Google の発表では紹介されなかった変更内容を Motorola が公開しています。Doze モードは画面消灯時にアプリを自動的にディープスリープの状態にしてバッテリーの消費を抑制する節電機能です。スマートフォンやタブレット向けの Android 6.0 では標準機能となっていますが、Android Wear でも導入されたようです。これでバッテリーの消費が減ることに期待できます。また、対応言語については、新たにマンダリン、広東語、インドネシア語、ポーランド語、オランダ語、タイ語に対応しています。Source : Motorola

■関連記事
Googleはアプリ内動画機能をGoogle Playストアでテスト中
FacebookのAndroidアプリで通知の非表示操作が可能に
HTC Perfume(HTC One M10)の実機とされる写真が流出、M9からデザインが変わっている模様

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP