ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

毎日が歯科検診!?ブラッシング精度を格段に向上させるスマート歯ブラシが頼もしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

口内健康を維持する上で、欠かせないこと。それは、ブラッシング。

虫歯や歯周病の予防も、その第一歩は歯磨きにあるという。しかし、自分の磨き方が正しい、と自信を持って言える人は、ほとんどいないのではないだろうか。

中国のスタートアップ企業が開発した「OraCleen」は、スマート歯ブラシとアプリのセットで、口内ケアをサポートする強力アイテム。ブラッシングの精度を高めつつ、それ自体を手軽で楽しい習慣に変える工夫が、満載されている。

・アプリを使って楽しく歯磨き

「OraCleen」はBluetooth経由で、スマートフォンと接続する。専用アプリをダウンロードし、起動させれば、すぐ歯ブラシと連動する仕組みだ。

ブラッシングを始めると、その回数と時間が自動的に記録される。歯がどれだけきれいになったか、清浄度を追跡することも可能。磨き残しの有無を、アプリで確認できるのは、うれしいところだ。

家族で利用したいなら、アプリ内のグループ管理機能がおススメ。各々の記録をシェアしながら、お互いの口内健康をしっかり管理していこう。

・歯ブラシヘッドの交換時期もわかる

従来目安で行っていた歯ブラシヘッドの交換も、一目瞭然。ブラシの摩耗度を可視化するため、取り替え時期が一目でわかるようになっている。

専門家の協力の下、完成した本品。このジャンルの先駆けである「Oral B」に、どこまで追いつけるかも気になるところだ。

商品はAmazonにて、62.82ドル(約7,416円)で購入可能。

OraCleen

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP