ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

PressureNETの開発者が天気予報アプリ Sunshineへの移籍を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンの気圧センサーやユーザーレポートを活用した気象センサーネットワークを提供している PressureNET の開発者が iOS 向けの天気予報アプリ「Sunshine」を提供している Sunshine Technologies, Inc への移籍を発表しました。PressureNET は、オンライン上のサーバにアップロードされた気圧センサーのデータやその時点の天気状況に関するユーザーレポートを集計して、その場所のリアルタイムな天気情報を提供するアプリです。気圧センサーを搭載したスマートフォンが徐々に増えてきたので、アプリの可能性も高まっています。そんな中、PressureNET の開発者は、今後、データの品質を維持していくことなどを鑑みて、同じく気圧センサーを活用した天気予報アプリ「Sunshine」に機能やデータを統合することにしたと述べています。PressureNET の開発元はアプリの開発や提供を終了するとは言っていないので、当面、アプリは継続して提供されると思います。Source : PressureNET

■関連記事
Sony Mobile、Lifelogアプリをバージョンアップ、UIが一部刷新されてユーザーの移動軌跡も地図で確認可能に
Spigen、汎用車載スタンド「ステルス」の2時間限定タイムセールを開催
プリンストン、aptXやS/PDIF対応のBluetoothレシーバー「TM-BTR2」を発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP