ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GoogleストアのHuawei Watchページに内蔵スピーカーの説明が追加される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google ストアに掲載されている Huawei Watch の商品ページに、以前より有効にされると噂されていたスピーカーの説明が追加されました。Google ストアの説明によると、内蔵スピーカーでは電話の受信や発信が可能なほか、対応アプリでもアラームや音声メッセージの再生などで利用できる模様です。スピーカーを利用するには別途アプリが対応する必要がありそうです。スピーカー機能は Android 6.0 で有効にされる見込みです。また、Huawei Watch だけではなく、ZenWatch 2 や Moto 360(2nd Gen)もスピーカーを搭載しており、Huawei Watch 以外の端末もアップデートでスピーカーが利用可能になると見られます。Android Wear はこのほか、ジェスチャー操作で通知の詳細を見る、操作を実行する、前の画面に戻る、アプリメニューを開く、ウォッチフェイスから設定メニューを開く、ウォッチフェイスに戻るといったジェスチャー機能もサポートするはずです。Source : Google ストア

■関連記事
Sony Mobile、Xperia M4 AquaもAndroid 5.1を飛ばしてAndroid 6.0にアップデート予定
ソフトバンクは1月下旬よりAndroid契約のSIMカードにIMEI制限を実施? SIMロックフリー端末でデータ通信不可との報告が寄せられる
Xiaomi Mi 5を名乗る端末がGFX Benchに登録される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP