ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【米ビルボード・シングル・チャート】ジャスティン・ビーバーが3曲連続No.1の快挙、リアーナがドレイクとタッグを組んだ新曲はTOP10初登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ジャスティン・ビーバーの「ラブ・ユアセルフ」が、自身にとって2曲目のNo.1ソング「ソーリー」と入れ替わり、3曲目の首位をマークした、今週の米ビルボード・シングル・チャート。

 アルバム『パーパス』から3曲連続のNo.1を獲得したジャスティン・ビーバー。同アーティストによる首位の入れ替わりは、HOT100史上12組目となる。全米チャートでの3曲連続首位獲得は、まさにトップ・アーティストの証といえる。

 今週、ついに17位へダウンしたが、昨年9月の初登場首位から、20週以上にわたってTOP10内に居座り続けた「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」は、ジャスティン最大のヒット曲に至っている。また、このNo.1ソング3曲の大ヒットを受けて、アルバム『パーパス』も、アルバム・チャートで未だ2位に停滞中。今週も、9万枚近い売上をマークし、アデルの『25』に続いてトップを独占している。

 しかし、向かうところ敵ナシ状態のジャスティン・ビーバーも、うかうかはしていられない。今週、ついにTOP3入りを果たした、トゥエンティ・ワン・パイロッツの「ストレスド・アウト」が、大きくポイントを伸ばして上昇中。視聴回数も6700万回を突破し、次週は2位の「ソーリー」と入れ替わるのではないかと予想される。

 また、次週はワン・ダイレクションから巣立った、ゼイン・マリクのデビュー曲「ピロートーク」が、初登場する。すでに60か国以上のiTunesチャートで首位をマークし、デジタル・セールスは絶好調。また、1月28日に公開されたビデオは、5日間で3000万視聴回数を記録している。ストリーミング・ポイントを合算すると、初登場首位という可能性もありえるだろう。

 そしてジャスティンの元彼女である、セレーナ・ゴメスの新曲「ハンズ・トゥ・マイセルフ」が、先週の21位から7位へ、一気にジャンプアップを果たしている。1月20日に公開されたビデオの視聴回数を稼ぎ、一気に上昇したこの曲で、セレーナは自身5曲目、3曲連続のTOP10ヒットをマークした。アルバム『リバイバル』の中でも特に人気の高い1曲で、自身も最高の出来栄えだと話している。キャリア初のNo.1獲得も、期待したいところだ。

 さらに、5位にはフロー・ライダーの「マイ・ハウス」がランクインを果たした。昨年秋から初登場するや、順調にランクアップし、今年に入ってから一気に飛躍した。2008年の年間チャート首位をマークした、デビュー曲「今夜はロウ・ロウ・ロウ」(2007年)から通算11曲目となるTOP10入りとなる。上昇率をみても、次週以降TOP3入りは期待できそうな動きをみせている。

 1月28日にサプライズ・リリースされた、リアーナの最新作『アンチ』からの先行シングル「ワーク」は、9位に初登場した。前日の27日に、アルバム同様、急遽配信がスタートしたこの曲は、ドレイクをゲストに迎えたナンバーで、集計期間はわずか2日間ながらも、各ポイントを大きく稼ぎ、自身27曲目となるTOP10ヒットを記録した(ドレイクは15曲目)。次週は、アルバムのリリースを受け、さらにランクアップが期待される。ビデオがリリースされれば、「ザ・モンスター」(2013年)以来のNo.1獲得もありえるだろう。

Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、3日22時以降となります。

関連記事リンク(外部サイト)

2月13日付 Billboard Hot 100 全米シングルチャート
2月13日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
親友 セレーナ・ゴメス&テイラー・スウィフトのコラボ曲の可能性はいかに?

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP