体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

編集部が利用してみた、空きスペースをネットでポチっ!

編集部が利用してみた、空きスペースをネットでポチっ!

殺風景な会議室で打合せの日々。たまには気分を変えて、お寺や古民家といった非日常的な空間で打合せをしたら、いいアイデアが浮かんできそうなのに……! でも、そんな場所借りるのって難しそう。いえいえ、そんな場所が借りられるサービス、あるんです。実際にSUUMOジャーナル編集部で利用してみた様子をレポートしよう。
借りたいスペース探しから予約まですべてネットでできる

昨年のことになるが、編集部でたまには気分を変えて「社外で会議を」という話になった。そこで最近メディアでもよく紹介されているユニークなスペースを簡単に借りられるサービス「スペースマーケット」を利用して会議室を予約することに。利用の流れはこうだ。■スペースマーケットの利用の流れ

1.利用希望者が借りたいスペースを探す
2.借りたいスペースの空状況を確認し、借りたい日時を選び、「予約リクエスト」をオーナーに送る
3.リクエストを受け取ったオーナーはチャットで利用希望者と条件や疑問点などについてすり合わせを行う
4.オーナーがリクエストに対して承認(または否認)をする
5.オーナーから承認されると予約成立
6.利用希望者は予約した日時にスペースを借りる

【画像1】スペースマーケットPCサイトトップページ。球場を借りることもできる(画像:スペースマーケットPCサイト画面キャプチャ)

【画像1】スペースマーケットPCサイトトップページ。球場を借りることもできる(画像:スペースマーケットPCサイト画面キャプチャ)

まずは会場探し。借りられるスペースは企業の会議室に古民家カフェ、図書館に映画館と多彩だ。検索はフリーワード検索のほかに、目的別、人数別、エリア別、会場タイプ別といった探し方ができる。

【画像2】目的や、人数、場所を指定して検索ができる(画像:スペースマーケットPCサイト画面キャプチャ)

【画像2】目的や、人数、場所を指定して検索ができる(画像:スペースマーケットPCサイト画面キャプチャ)

今回の目的にあう条件を指定し、ヒットした中から、ホワイトボードとプロジェクターがあるスペースを探した。当初は古民家が候補だったが残念ながらプロジェクターがないという理由で落選……。VACANCY OFFICE GOTANDAというJR大崎駅から徒歩6分の、元はガレージだったスペースを予約することに。設備がそろっていること、会社からの距離、そして利用者からの評価のコメントが決め手だった。

【画像3】今回予約したVACANCY OFFICE GOTANDA。スペースの詳細ページには電源の有無、Wi-Fi環境などの設備・サービス情報が載っている(画像:スペースマーケットPCサイト画面キャプチャ)

【画像3】今回予約したVACANCY OFFICE GOTANDA。スペースの詳細ページには電源の有無、Wi-Fi環境などの設備・サービス情報が載っている(画像:スペースマーケットPCサイト画面キャプチャ)

借りたいスペースが決まったら、空き状況を確認し、オーナーに予約リクエストを送る。利用料金はスペースによって異なり、1時間1000円のスペースもあれば、76万2000円(!)という場所まで幅広い。なお、スペースによっては3時間からといった最低利用時間に条件がある場合もあるのでよく確認を。

【画像4】空き状況の確認画面。利用したい時間を選び、予約リクエストをオーナーに送る(画像:スペースマーケットPCサイト画面キャプチャ)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。