ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、OnHubルーター用アプリ「Google On」をアップデート、ゲストとのシェア機能を追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google の OnHub ルーターを管理するための Android アプリ「Google On」が本日付けでアップデートされ、ゲストとのシェア機能が新たに追加されました。今回のアップデートでは、アクセスポイントのパスワードを他のアプリを使ってシェアすることが可能になったほか、Google Play のアプリページによると、インターネット接続だけではなく、Chromecast や Wi-Fi スピーカーなどのデバイスもシェアできる「Guest Wi-Fi」機能が追加されました。手元の OnHub ルーターでは、パスワードのシェア機能は確認できしたが、Guest Wi-Fi 機能は確認できませんでした(詳細が判明しだい追記します)。また、接続機器の名前を編集できる機能も追加されました。分かりやすい名前にして管理することが可能になります。「Google On」(Google Play

■関連記事
2015年の世界タブレット出荷台数は前年から減少
ハーマン、$399のAndroid Auto / CarPlay 対応車載ディスプレイ「JBL Legend CP100」を発売へ
NVIDIA、SHIELD Tablet K1のソフトウェアアップデートを開始、1月のセキュリティパッチを適用など

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP