体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

満州帰りの歴史的な餃子を食べに行ってみた @『スイートポーヅ』神保町

sweetpo020_R

ラーメンに体を売り、カレーに魂を売った筆者ですが、なんとなく”餃子”も始めました。

個人的には、もっとライトで健康的な料理をターゲッティングすべきかとは思うのですが

「餃子って美味しいよね?」

みたいな誘惑には勝てません。我慢するのも健康的にはマイナスな面もあるので、ココは本能の赴くままに進むべきかと存じます。

というわけで、『スイートポーヅ』の餃子に迫ってみようと思います。

1955年創業!『スイートポーヅ』

sweetpo000_R

昭和30年に神保町の”すずらん通り”にオープンした『スイートポーヅ』ですが、その原点は第二次世界大戦中の満州にまで遡る事が出来ます。

満州から帰国後の昭和11年に『満州食堂』をオープン。大陸から引き揚げた人達を相手に餃子などを提供していました。

sweetpo016_R

そしてついに餃子専門店となり、今の場所に餃子専門店『スイートポーヅ』が生まれたのです。

その歴史は、まさに日本の餃子の歴史そのもので、この『スイートポーヅ』が日本の餃子の原点のひとつである事は、間違いないでしょう。

sweetpo015_R

つまり!

筆者が餃子を極めんとするならば、まずは『スイートポーヅ』の餃子を食べるのが筋なのです。

『餃子』以外のメニューは13時以降

sweetpo002_R

ちなみに『スイートポーヅ』は13時まで餃子や餃子定食のみで、『水餃子』や『天津包子』がオーダー出来るのは13時以降となるようです。

餃子には小皿(8個)中皿(12個)大皿(16個)があり、さらに定食スタイルにする事も可能になっています。

ちなみに中国では餃子の場合、縁起を担いで”八個”にする事が多いので、この『スイートポーヅ』の餃子が8個なのも納得です。

筆者はこの日も連食なので単品にしておきましたが、ほとんどの人は定食を食べていました。

『餃子 中皿』を食す!

sweetpo017_R

というわけで、筆者の前に『餃子 中皿』(750円)が現れました。

「ん~ 素晴らしい餃子ですね~」

この香ばしそうな焼き目こそ、焼き餃子の醍醐味ではないでしょうか?

卓上には各種調味料があり、好みに応じてタレと言うか醤油に味付けをする事が出来ます。

sweetpo007_R
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。