ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

近未来的! ギネス認定 最もコンパクトに折りたためる電動バイク『YIKE BIKE』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


近未来的ガジェットを発信する『RESTIR.COM』が、またスゴいモノを発売しました。ギネスが“世界で一番コンパクトな電動バイク”と認定(2011年)した『YIKE BIKE(ヤイクバイク)』です。8月22日より『RESTIR.COM』にて取り扱い開始します。


『YIKE BIKE』は、これまでの電動バイクの既成概念をくつがえす、シャープでユニークなデザイン。強度の高いカーボンファイバーを使用し、重さはわずか10kgですので携帯用バッグに収めれば女性でも軽々持ち運べます。

ハンドル操作も独特で、サドル横に装備されたグリップ式ハンドルを両手で握り、身体を軽く左右にねじって方向転換。一輪車に乗るような感覚で身体の重心を後ろに置くのがコツだそうです。

最高速度は25km/時。自分の好きなカラーにカスタマイズして、ファッショナブルなホビーアイテムとして楽しめます。試乗した担当者さんによると「大変面白く走れますよ!」とのこと。ちょっと乗ってみたくなりますね。ただし、日本の法律では『セグウェイ』同様、公道を走るのはNGになった場合は、私有地内でしか走れない可能性はあります。

価格は41万7900円(税込み)と、すぐに手が出るお値段ではないのですが、東京・六本木ミッドタウン内『RESTIRブティック』で現在試乗受付中。同店では、話題のレーザーキーボード『MAGIC CUBE』[LINK]にも触れます。一足先の未来を感じさせるガジェットを体験しに行ってみてはいかが?
 
YIKE BIKE 主な仕様
フレーム:カーボン加工
ブレーキ:アンチロック・ブレーキ・システム
重量:約10 kg
最高速度:時速25km
身長制限:163cm~193cm
体重制限:100 kg
走続可能距離:約10 km
充電時間:55分
駆動方法:電動チェーンレス
バッテリー:リチウムイオンバッテリー
折りたたみ時容量: 43 リットル  
ライト:内蔵LED
サドル素材:革製
 
※『YIKE BIKE』のプロモーション動画が見れる元記事はこちら。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP