体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェモニ】HDR搭載多機能フォトレタッチソフト『Photo ReColor(フォトリカラー)』 読者レビュー

e58699e79c9fefbc92

ガジェット通信の製品モニター募集『Photo ReColor(フォトリカラー)』にたくさんのご応募をいただきました。当選された方々から届いたレビューをご紹介いたします。今回は3人の方のレビューを採用させていただきました。

【募集終了しました】HDR搭載多機能フォトレタッチソフト『Photo ReColor(フォトリカラー)』 のレビューをしてくださる方募集【ガジェモニプレゼント】http://getnews.jp/archives/125964

今回は相栄電器株式会社様から『Photo ReColor(フォトリカラー)』をご提供いただきました。
*   *   *   *   *

ひろぽんさんのレビュー

この『Photo ReColor(フォトリカラー)』、名前からも分かる通りいわゆるフォトレタッチソフトです。このソフトは通常RAWファイルで作成されるHDRイメージを、一枚の画像で作成することができる画期的なソフトなのです。

私が真っ先に思ったことがこの4980円という値段です。フォトレタッチソフトといえばフォトショップのように10万円を超えるような高額な物が主流ですが、このソフトはたったの4980円です。私はこの値段からてっきりHDRイメージを作成するだけのソフトだと思ってました。

しかし実際届いて、蓋を開けてみたら、高額なソフトで使えるような様々な高機能なレタッチ機能まで付いているということに驚きました。

ここでは書き切れないような機能の多さ、例えばレイヤー、レベル補正、トーンカーブ、手ぶれ補正、色相・彩度、ノイズ低減、フィルタなどがあり、高額なフォトレタッチソフトに負けないような機能が沢山付いていたのです。正直これさえあれば写真編集は十分と言っても過言でなく、仕事で使わないような人には使い切れない機能の多さです。

これだけでも十分驚きなのですが、何より目を引く機能が先程述べさせてもらったHDRイメージの作成です。

HDRイメージとは、人間の目で見たような自然で幅広い色相、コントラストで構成されていて、とてもクリアに見えるものなのですが、通常このような写真を現像するには高額なデジタルカメラが必要になります。露出量の違う写真を使っての作成になるHDRイメージが安いデジタルカメラや携帯に付いているカメラで撮った写真でHDRイメージを作成できるのです。

私は早速少し前に携帯のカメラで撮った森の写真をHDRイメージに変えてみることにしました。森の写真を見てみると正直携帯で適当に撮ったものなので色味は悪いし全体的に暗くぼけている感じがします。

e58699e79c9fefbc91

画像1:携帯で適当に撮った写真。この写真がどう生まれ変わるのか……。

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会