ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これ食べたい!英国王室御用達の名店が作る“空弁(そらべん)”が気になる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

創業300年もの歴史を誇る、英国王室御用達の百貨店「Fortnum & Mason(フォートナム・アンド・メイソン)」から、飛行機の機内に持ち込める“超オシャレな空弁(そらべん)”が発売され、話題を呼んでいます。

“空弁(そらべん)”とは、自身で機内に持ち込む“お弁当”のこと。

飛行機で出される機内食は、長距離フライトの楽しみのひとつですが、搭乗客の好みや座席クラスによって味の評価も変わるため、最近では自分好みの“空弁”を持ち込む人も増えているようです。

そんななか、“究極の空弁!?”とウワサの極上お弁当ボックスが「フォートナム・アンド・メイソン」から発売されました。

見よ!このオシャレなパッケージを

この“セレブなお弁当”は、ロンドン・ヒースロー空港のターミナル5にある同店のワインバーで購入することができます。

15ポンド(日本円で約2500円)の「The Smoked Salmon Plate(サーモン・プレート)」や…

「The Ploughman’s Plate(農夫のプレート)」(約3300円)。

「The Glenarm Beef Plate(ビーフ・プレート)」(約4200円)など、3種類のラインナップが販売されています。

カラーは水色で統一

付属のランチバッグやナプキンは、「フォートナム・アンド・メイソン」のシグニチャーカラーである水色で統一されているこだわりようです。

どの“空弁”も、高級食材を扱う同店ならではの味とクオリティ。

機内でお酒と共にアミューズとして楽しむのもありなので、ヒースロー空港のターミナル5を利用することがあれば、ぜひいちどお試しあれ。

Fortnum & Mason
https://goo.gl/whkAsa

旅行(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP