ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【今週公開のコワイ映画】2016/1/22号:『スナッチャーズ・フィーバー』、リメイク版『マーターズ』、『バレンタイン・ナイトメア』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今週公開の怖い映画をご紹介します。

まずは『未体験ゾーンの映画たち2016』特集上映から。人々が“何か”に取って代わられた町を描くSFスリラー『スナッチャーズ・フィーバー 喰われた町』が公開に。町を訪れた学生の手持ちカメラの映像で描かれるPOV作品なのですが、予告編からすでに凄まじいことになっています。思わず体がビクつくほどの勢いで迫ってくる“何か”。スクリーンで観るのが怖いですが、ぜひ逃げ場のない映画館でご覧くださいませ。どんなに映画が怖くても、前の席は蹴らないでね。

そして、おなじく『未体験ゾーン』からもう一本。監禁し、激しい拷問を繰り返すことで人間は“何”を見るのか――というショッキングなテーマと残酷すぎる映像で、観る者の心をえぐりまくるカルト作『マーターズ』が、ハリウッドリメイク版となって日本公開。こちら、脚本を『レヴェナント 蘇えりし者』のマーク・L・スミスが手がけておりまして、元の作品とどう変わっているのか是非とも観比べたい……のはやまやまですが、連続で観ると精神的にボロボロになりそうでもあります。

そして、邦画からはフリーホラーゲーム実写版『バレンタイン・ナイトメア』が公開に。バレンタインデーに焼身自殺した女子生徒と、彼女の残した意味深な言葉の謎をめぐる物語。こちらは『ハロウィン・ナイトメア』の作者でもあるIVORY DICEさんのゲームが原作になっています。上映期間が1/23(土)~2/2(火)と短いのでお見逃しのないよう。

それでは今週もいってらっしゃい!

予告編が表示されない方はこちら

未体験ゾーンの映画たち2016 公開作品

上映館:ヒューマントラストシネマ渋谷、テアトル梅田(1月下旬)
公式サイト:http://aoyama-theater.jp/feature/mitaiken2016[リンク]
※限定回数の上映となるため、公式サイトにて上映日時をお確かめ下さい。

『スナッチャーズ・フィーバー 喰われた町』 1月22日公開

<ストーリー>
課題作品を制作するため車で取材旅行に向かう、映画学科の大学生4人。順調に始まった撮影だったが、道中彼らは不気味な兆候に次々と遭遇してゆく。弁当箱に詰められた不気味な物体。豚の仮面を被った子ども。奇妙なメイクをした双子。背を向けて直立する人々。救いを求める少女…。
見えない脅威と深まる謎、仲間への疑心暗鬼。一見平穏に見えたこの町で何が起きているのか?狂っているのは自分たちなのか?パニック寸前の彼らを尻目に、事態は確実に、そして急速に進行していく。

この映画の記事:あなた“人間”ですか? 侵略系SFスリラー『スナッチャーズ・フィーバー 喰われた町』 怪しい人間の見分け方は……[リンク]

『マーターズ』  1月26日公開

<ストーリー>
幼い少女リューシーが、傷だらけの衰弱しきった姿で発見される。何者かの手で監禁され、長時間むごたらしい拷問と虐待を受けたようだった。施設に収容されたリュシーは、同じ年頃の少女アンナにだけには心を開くが、自らを付け狙うおぞましい怪物の幻覚に怯え苦しんでいた。時は流れXX年後のある朝、猟銃を構えたリュシーがある一家を襲う。それは、忘れもしない虐待者たちだった。しかし、リューシーはまだ知らない。それが、想像を絶する地獄への扉だったことを…。

『バレンタイン・ナイトメア』  1月23日公開

<ストーリー>
ある年のバレンタインデー、校内放送の最中に1人の女子生徒が焼身自殺した。生徒の名前は佐山祐子。彼女が残した最後の言葉は「絶対に許しません。一年後、また会いましょう。」そして一年が経ち、佐山祐子のクラスメイト達は、バレンタインの前日に卒業旅行に出発する。クラス内のいじめについて報道するマスコミを避けるように、あるいは死んだ同級生の影に怯えるように、彼らは山中の合宿所へと到着する。そこには転校してきたばかりのクラスメイト、佐藤美奈子の姿もあった。なぜ彼女は卒業間近に転校してきたのだろうか?
失踪する一人の生徒、天井から落ちる一滴の血、犯人探しのイエスノーゲーム。彼らの猜疑心は恐怖とともに高まり、時計の針が0時を指したとき、頂点を迎える。血塗られたバレンタインの幕が、切って落とされる-。

リンク:映画公式Facebookページ[リンク]

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP