ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【アンダーズ 東京】“食材の宝庫”佐渡の恵みを活かして、2人のトップシェフが作り上げる“至高のメニュー”とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


年初は何かと慌ただしかったという人も、すでに落ち着いた日常を取り戻している頃では?


そろそろゆっくりくつろげるひとときを過ごしたいな…と思っている人におススメなのが、アンダーズ 東京のメインダイニング「アンダーズ タヴァン」にて、1月29日(金)より期間限定で開催される、「DINING OUT(ダイニング アウト)」とのスペシャルコラボレーション。

「DINING OUT(ダイニング アウト)」とは、食を通じて地域経済の活性化を目指す地域振興プロジェクトのことで、今回は、食材の宝庫として名高い新潟県佐渡島の食材をフィーチャリング。


イベント幕開けとなる1月29日(金)・30日(土)の2日間は、アンダーズ 東京の総料理長ゲハード・パスルガーと、数日だけオープンするプレミアムな野外レストラン「DINING OUT SADO」で料理を担当した東京・赤坂「TAKAZAWA」の高澤義明シェフが、現地で出会った旬の海や大地の恵みを存分に活かし、それぞれのインスピレーションと感性で創り上げた“至高のメニュー”を提供する「ANDAZ TOKYO x DINING OUT Special Collaboration~Inspired by SADO~」を開催。

ランチコースは、デザートを含む全4品で6000円、ディナーコースは8品&アミューズ ブーシュで2万2000円(酒&ワインペアリングは8000円)・6品&アミューズ ブーシュで1万8000円(酒&ワインペアリングは6000円)となっている。※料金は、税・15%のサービス料別。

また1月31日(日)以降は、ランチはアラカルトメニューにて、ディナーはアラカルトに加え3種類のコースメニューにて、佐渡の食材を贅沢に使用した、2人のシェフによる料理を楽しむことができるという。


どのお皿も、ため息の出るような美しさ!この機会に、佐渡の豊かな食・文化に触れてみてはいかが?詳細は公式サイト(http://restaurants.andaztokyo.jp/jp/news/detail/32/)へ。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP