ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

もしかして、GOサインかも?環境を変えるべき10のシグナル

DATE:
  • ガジェット通信を≫

環境を変えるべきタイミングを見極めれば、より良い人生を歩めます。でも、一体どんなときに環境を変えればいいのでしょうか?

じつは環境を変えるべきタイミングには、さまざまなサインがあるのです。そんなサインについて、周りの人たちに聞いたこと&実体験を一挙にご紹介します。あなたもいま、環境を変えるタイミングにきているのかもしれませんよ。

嫌なことばかりが連続して起こる

もうその環境があなたには相応しくないというサインなのかもしれませんね。ネガティブなことも、考え方によってはポジティブに変わります。あえてポジティブなサインとしてとらえて、このタイミングで自分にもっと合う環境を選ぶと、飛躍できる可能性がありますよ。

同じワードを何度も耳にする

それだけあなたがそのワードにこだわりを持っているのかもしれません。人間は聞きたくないことは聞かず、聞きたいことだけを聞く傾向があるのです。そのため、同じワードを何度も耳にするようなら、次に進みたい場所のヒントになると言えます。心当たりがあるようなら、思い切って環境を変えてみるのもありでしょう。

一日に何度も“つまらない”と思う

すでにいまの環境に飽き飽きしていて、刺激が不足している状態なのでしょう。そんな状態が続くと、無気力になってしまうかもしれません。通勤ルートを変えるなど、少しだけでもいいので、環境に変化を与える必要があるでしょう。

過去の素敵な思い出ばかりを思い出す

今や未来よりも、過去を思い出すということは、気持ちのうえで、すべてが停滞している状態なのかもしれません。現在、与えられている環境で変えられるところがあれば、少しずつ変えてみると、もっと今や未来に希望を持てるようになりますよ。

周りと自分を比べて落ち込む

もっとも現状に満足していないときに現れる症状です。他者と自分を比較して落ち込むのは、今の自分に不満がいっぱいの証拠。そういうときは、転職や引っ越しなどをして環境をガラリと変えると、前向きな気持ちを取り戻すことができるでしょう。

音楽や映画などの芸術に触れたくない

芸術に触れたくなくなってしまうのは、それだけ心が疲れてしまっているのかもしれません。そのように心の余裕を失う環境にいても、何ひとつ良いことはないでしょう。気持ちが明るくなる環境を選択すべきときですよ。

一気に老けた

刺激も喜びもない環境にいると、老けていきます。年齢に関係なく、疲れ切った表情になってしまうのです。そのため“この環境に居続けると老ける”と思うようなら、環境を変えるべきでしょう。

もう学ぶことがないと感じる


この環境にいても、これ以上学ぶべきことはないと思うようなら、そこから旅立った方がいいでしょう。そう思う時点で、大抵の場合は他にやりたいこと、挑戦したいことが決まっているのです。思い切って新しい環境に移りましょう。

ホルモンバランスが悪化

ホルモンバランスが乱れる原因のひとつにストレスがあると言われています。確かに多大なストレスを感じると、ホルモンバランスが乱れて、眠れなくなったり、ニキビが大量に発生したりするものです。環境を変えることで、ストレスが減る可能性が高いのなら、今すぐにアクションを起こすべきでしょう。

これまでとは違ったタイプの異性を好きになる

前述のとおり、人間は見たいものだけ見て、聞きたい言葉だけ聞く傾向があります。ですから、好きになる異性のタイプがガラリと変わるときも、環境を変えるタイミングにきていると言えるでしょう。新しいものを全身で求めているからこそ、好みが一変することもあるのです。このようなときに、勇気を出して環境を変えると、人生の流れが変わることがありますよ。

[All photos by Shutterstock.com]

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP