体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

MASH A&R主催イベントにてORAL、フレデリック、テレン等が激突!

THE ORAL CIGARETTES、フレデリック、LAMP IN TERRENが所属するMASH A&Rの新春ライヴイベント「MASHROOM」が、1月17日に恵比寿LIQUIDROOMにて行われた。

1月17日@LIQUIDROOM ebisu (okmusic UP's)

昨年に続く2度目の開催、MASH A&Rのアーティストが一堂に揃う本イベント。チケットはソールドアウト、さらにスペシャアプリ、SPACE SHOWER ON DEMAND、LINE「LINE LIVE CAST」で生配信も行われ、満員の場内のみならず多くの人が出演バンドそれぞれの個性が発揮された熱いライヴを見届けた。ライヴの他にも、会場には各バンドメンバーの等身大パネルや書き初めがあったり、それぞれのバンドがプロデュースしたドリンクやフードが販売されたりと、この日限りの催しも行われ、バンドもオーディエンスもスペシャルな一夜を楽しんでいた。

まずステージに登場したのは、昨年のオーディション「MASH FIGHT! Vol.4」で見事グランプリを勝ち取り、新たにMASH A&Rに所属することになったパノラマパナマタウン。ファンキーなヒップホップとエッジの鋭いガレージロックを自由に行き来するこのバンド、まずはミドルテンポのファンキーなグルーヴの上を軽やかなフロウが舞う“パノラマパナマタウンのテーマ”からスタートし、続いて歌も音も不敵に撃ちっ放していくソリッド&クールな“ロールプレイング”で一気にエネルギーを爆発。グランプリ受賞の想いを語りながら「新しいロックの形を持ってきました」と“SHINKAICHI”を飛ばし、畳みかけるようにアグレッシブなナンバー“いい趣味してるね”へ。アンサンブルにしてもヴォーカルにしても、時にたっぷりとファンキーな、時に鋭利で攻撃的に緩急をつけながら、フロアをエモーショナルに呑み込んでいく。自分達にしかできないロックを提示しようという情熱と、ここから始まる未来への決意が伝わる堂々としたアクトだった。

続く2番手はLAMP IN TERREN。2016年一発目のライヴということもあり、この日は冒頭から気を吐くようなエネルギッシュなライヴを展開していった。幕開けの“メイ”では、松本の語り掛けるようなしっとりとした歌からサビへとなだれ込んだ瞬間、一気に拳が上がる。そのまま「跳べ、リキッド!」と叫び、“林檎の理”へ。大屋真太郎(G)の加入で重層的かつダイナミックな色を帯びるようになったサウンドと、時に躍動的に、特に深遠にその表情を変化させる松本の歌が響きわたり、LAMP IN TERRENという世界を見せつけていく。「僕らも一歩ずつ進んでいくので、みなさんもついてきてください」と語気強く宣言した後に放たれた代表曲“緑閃光”は、特に感動的だった。一音一音、一打一打、しっかりと想いをビートに変えていくリズム隊の上で、松本のエモーショナルな歌が聴き手の真ん中に飛び込んでいく。“multiverse”ではシンガロングを巻き起こし、ラストは“ワンダーランド”でフィニッシュ。昨年、そもそもこのバンドの原型であった4人体制となり、新たなスタートを切ったLAMP IN TERRENの覚悟とプライドがこもるアクトだった。

3番手に登場したのはTHE ORAL CIGARETTES。登場と同時に山中拓也が「そろそろウズウズしてきてんちゃう?」とフロアを挑発し、“mist…”で早くも熱狂のピークに。1月4日のZeppDiverCityでのリベンジワンマンを大成功させた勢いをそのままリキッドに持ち込むかのように、いつにも増して果敢に攻めていく。とにかくステージから放たれる「圧」がすごい。1月5日にリリースした『FIXION』からの楽曲も投下しながら、獰猛なエネルギーとゾクッとするような色気が混じり合うオーラルにしか生み出せないロックを見せつけていった。「テレビ越しとか画面越しにどうたら言う人がいるけど、ちゃんとライヴに来て歌ってる人そのものを見て欲しい。どん底見て這い上がった人間は強いから」という山中のMCに導かれ、“起死回生STORY”へ。昨年ポリープの摘出手術を受けた山中の歌は、むしろポリープ発見よりもパワーも表現力も格段に増していて、とてもいい。「相手の言ったことに惑わされんな、自分で判断しろ!」と叫びながら、興奮収まらないフロアに“カンタンナコト”、“狂乱 Hey Kids!!”とキラーチューンを叩きつけていった。ロックバンドとしての闘争心と表現者の気概に満ちた情熱的なアクトだった。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。