ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

社内会議で意見を通すなら、男性は黒の服、女性は何色?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 ビジネスシーンにおいて、服装や持ち物が印象を大きく左右すると頭では分かっていても、いざ服や持ち物を選ぶとなると、何を選べばいいか分からず困ってしまう人も少なくないはず。

 ただ、こういうことは「ファッションセンス」の問題ではなく、いくつかのポイントを押さえているかどうかが重要になります。『「結果を出す男」の服、「認められる女」の服、「その他大勢」の服』(西村有紀子/著、サンマーク出版/刊)では、「結果を出すための服選びにはセオリーがある」として、

  ・「結果を出す男」の服
  ・「認められる女」の服
  ・「その他大勢」の服

 という三つの観点から、ビジネスシーンにおける服選びについて、成功例と失敗例を紹介・解説しています。ここでは、人の印象を左右する要素のひとつである「色」に関するセオリーを三つご紹介しましょう。

■「金属の統一感」を意識する
 男性であればスーツとシャツ、女性であれば靴や鞄の色といったように、身につけるアイテムの色の組み合わせはどんな人でも気にするはずです。
 その一方で多くの人が見落としてしまいがちなのが「金属の色の組み合わせ」です。たとえば男性であれば、ベルトのバックルがシルバーであるにもかかわらず、腕時計はゴールドというような組み合わせをしてしまいがちです。これでは相手にちぐはぐな印象を与えてしまいます。
 本書によれば、金属類の色味が合っていると、相手に安心感を与えることができるそう。欲をいえば、「ベルト」と「腕時計」だけでなく、「指輪」や「鞄の金具」などの色も合わせると、さらにいいようです。

■勝負服の色の選び方
 あなたには、お客さんとの商談や交渉の場に必ず着ていく「勝負服」はありますか? もしあるとしたら、その服は何色でしょうか?
 西村さんによれば、こうした場こそ、色がもつイメージを積極的に利用すべき。逆にいえば、ここぞという時の色選びを間違えるのは致命的なミスといえます。
 このようなシーンに着ていく服としては

男性…紺か黒のはっきりした色
女性…白やグレー、パステル系などのやさしい色

 などがおすすめ。
 紺や黒などのはっきりした色は「意志の強さや自信」を伝える効果があり、男性と男性が交渉する際にはプラスに働きます。ただ、女性が男性にプレゼンテーションする際に紺や黒の服を着ていると、強気すぎる印象となり煙たがられてしまうことも。その点、パステル系の色は物腰の柔らかさを連想させ、余計な衝突をすることなく、男性の懐にスッと入る上で最適な色といえます。

■「黒」が持つパワーをフルに生かすには
 ビジネスシーンにおいて、「黒」は何かと使い回しがきく便利な色。色づかいについて散々迷った挙句、「無難な色を…」と黒を選んだ経験はありませんか? でも、黒をそういう消極的な使い方で終わらせてしまうのはもったいない。私たちが思っている以上に、「黒」には多くの力が秘められています。
 たとえば、黒は「謙虚さ」を象徴します。相手に対してへりくだるシチュエーション……得意先を接待するときや、先輩から研修を受けるときなどには、「黒」がうってつけ。相手に好印象を与えることができます。
 ちなみに「完璧なへりくだりスタイル」を作り上げたいときは、「無地の黒スーツ+白シャツ+紺のネクタイ」という組み合わせが最適だそう。覚えておけばいざというときに役立ってくれるはずです。

 本書では他にも、「ヒールの高さ」「ネクタイの太さ」「柄モノの取り入れ方」「スーツの素材」などで相手への印象を変える秘訣を教えてくれます。
 モノを選ぶ目に自信がないと、服もカバンもアクセサリーも買った後で堂々と着こなせません。その意味で、本書は「見る目に自信がない人」にとって教科書になってくれるはずです。
(新刊JP編集部)


(新刊JP)記事関連リンク
「オヤジ肌」があなたの評価を下げる!男の見た目と年収の関係
外資系企業の面接で嫌われる『見た目』
ファーストクラスの乗客は見た目でわかる

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP