ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Jリーグ】アルビレックス新潟ユニの胸ロゴが『ハッピーターン』に! そこに込められた深イイ話

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

サッカーJ1のアルビレックス新潟が、2016年シーズンのユニフォームを発表。それまで胸ロゴのスポンサーは亀田製菓でしたが、同社の主力お菓子『ハッピーターン』へ変更となったことが話題となっています。

『ハッピーターン』は1976年に発売。2016年で40周年を迎えます。やみつきになる人が続出する「魔法の粉」の味が国境を問わないことは、アルビレックス不動のボランチであるレオ・シルバ選手が証明しています。彼はプロフィールに「好きな新潟の食べ物」として『ハッピーターン』を挙げ、懸賞として一年分の『ハッピーターン』をプレゼントされた時の笑顔は日本テレビ系列『有吉反省会』でもネタにされたほどです。

そんな『ハッピーターン』がアルビレックスの胸のロゴになった新ユニはインパクト絶大。ですが、そこにはさまざまな意味が込められているようです。
もともと『ハッピーターン』が発売されたのは、第一次オイルショックの影響で日本が不景気になっていた時代。そのネーミングには、世の中に向けて「お客様に幸せが戻ってくるように」との願いが込められていたといいます。
そして、今回胸ロゴになったことに関しては、亀田製菓によると「アルビレックス新潟の勝利を願って」「ビッグスワンの観客動員数がもっと増えるように」「Jリーグを通じて日本中が幸せになるように」という思いが込められているとのこと。

特に観客動員数は、最盛期の2005年シーズンが681945人だったのが2015年には372908人にまで落ち込んでいます。ホームゲームを観戦するサポーターの数も“ハッピーターン”となるのか、吉田達磨新監督のもと新たなスタートを切るチームの成績がカギを握りそうです。

※画像はアルビレックス新潟公式サイトより
https://www.albirex.co.jp/news/goods/47861 [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP