ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ホームシアターや炭酸泉に趣味の“隠し部屋”も!? 超豪華なリノベーション仕様のマンション『RENATUS』モデルルームを見学してきた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


こだわりの趣味にお金と時間をかけ、プライベートの時間を充実して過ごすのは単身者の特権です!(断言)。忙しく働く日々、平日に帰宅後のわずかな自分だけの時間や、羽を伸ばせる休日をこんな風に過ごしたい、という夢が実現しそうな単身者向けマンションブランド『RENATUS』のモデルルームを見学してきたので、レポートをお届けします。

『RENATUS』は、不動産会社のフィードが昨年12月に発表した単身者向けのコンセプトマンションブランド。中古マンションをリノベーションする際、単身者のニーズに合わせたこだわりの仕様を盛り込めるのが特徴です。


モデルルームは、入口から既に高級感のあるたたずまい。ドアを開けて入ってみます。


広い玄関! 1畳ぐらいはあるでしょうか。ブラックとゴールドのタイルが敷き詰められ、奥には全身が映る大きな鏡が設置してあります。


玄関に入って左手のドアを入ると、約22畳の広々としたリビング・ダイニング・キッチンへ。落ち着いたムードの、居心地のよさそうなリビングです。


中央に置かれたソファに座ると、目の前には大画面の壁掛けテレビにアンプやスピーカーも完備したホームシアターシステム。これだけでも十分ですが、実はメインのスクリーンは別にあります。



手元の『iPad』から「BDレコーダーで視聴する」のメニューを選ぶと、自動でカーテンが閉まり、天井からスクリーンが下りてきました。


スクリーンサイズはなんと120インチ! 5.1chサラウンドの迫力あるサウンドが楽しめます。こんな部屋なら、映画や好きなアーティストのライブ映像などに1日中没頭してしまいそうです。リノベーション時に簡易防音工事も施すので、近隣への配慮も十分。


スクリーンに向かって右手の壁には、防音設備の吸音パネルが。よく見ると、“Hennessy”のロゴがプリントされています。この『RENATUS』、実はコニャックで知られるラグジュアリースピリッツの“Hennessy”ブランドとコラボレーションした、世界で初めてのマンションブランドなのです。黒と金のタイルを敷いた玄関も、“Henessy”のブランドカラーを生かしたオリジナルデザイン。


『RENATUS』の購入者には、スリムなデザインのワインセラーがプレゼントされます。こんな部屋なら部屋飲みが捗りそうですよね。





美容や健康への意識が高い人に向けた設備も。システムキッチンにはドイツの老舗水栓メーカーであるグローエの水素水栓を搭載し、水素水がいつでも飲める環境に。お風呂には人工炭酸泉の設備が導入可能で、いつでも自宅で炭酸の含有量が温泉法の基準を満たす“温泉”に入ることができます。


ひととおりモデルルームを見てきましたが、実はこのモデルルームにはもうひとつ、驚きの豪華な設備が用意されています。その秘密は玄関にあった大きな鏡。




鏡をそっと押してみると、実は鏡は扉になっています。開けてみると、中には部屋が!




この部屋は、“シークレットチャンバー”と呼ばれる2畳程度の隠し部屋。モデルルームでは漫画『ONE PIECE』をテーマに、壁一面にコミックスやポスターを飾ったり、フィギュアやプラモデルを飾る棚を設置していました。


ふだんの生活から切り離されて、自分の好きなオタク趣味のアイテムに囲まれて過ごす場所を持てるのは魅力的ですよね。お客さんを呼んだときに、ちょっと相手が引いてしまうかも、と思う趣味でも安心して満喫できます。アニメや漫画に限らず、「昆虫をここで飼いたい」「鉄道模型のジオラマを置く部屋にしたい」などこだわりの趣味を持つ来場者に好評だそうです。

『RENATUS』ブランドの物件は、中古マンションのリノベーションと新築分譲の形で展開。一棟丸ごと『RENATUS』ブランドで開発した新築マンションは、3月竣工予定の足立区梅島プロジェクトを皮切りに順次開発・分譲を予定。中古マンションの購入を検討している人には、住みたいエリアでリノベーション可能な物件を探すところから相談に乗ってくれるそうです。

気になる予算は、42~43平米の物件をリノベーションするのに750万~800万円程度の予算になるとのこと。1500万円の中古マンションを購入してリノベーションする場合、総計は2300万円。35年ローンを組んで月7万円程度の支払いになるとのことなので、思ったよりお手頃に感じる、という人もいるのでは。


今回見学したモデルルームは、リビング・ダイニング・キッチン、バスルーム、“シークレットチャンバー”を実際に見られるワンルームタイプの間取り。どの設備を選ぶのが自分のライフスタイルに合うのか、具体的なイメージで検討できるので、興味を持った人は足を運んでみては。




モデルルームのロビーでは、壁3方向へのプロジェクションマッピングと3Dホログラムで『RENATUS』物件の魅力を伝えるデモを体験できます。モデルルームに行ったらこちらもお見逃しなく。

中古マンション・リノベーションを東京でするなら RENATUS(レナトゥス)【DO RENOVATION】
http://www.do-renovation.jp/

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP