ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ノートパソコンをタッチスクリーン化!わずか5000円台で購入できる「Airbar」が良さそう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年上半期にも発売予定の「AirBar」。ノートPCの液晶をタッチスクリーン化し、ピンチズームやスワイプが可能になるというスグレモノだ。

・たったの49ドル

スマホやタブレットなど、タッチ操作が当たり前の時代。最近は、タッチ操作対応のノートPCも増えてきている。

ただ、そうでないタイプを使っている人にとって、タッチ操作をしたいがためにPCを買い替えるというのは非現実的。

しかし、49ドルでタッチスクリーン化できる、となれば話は別だろう。それを可能にするのがAirBarなのだ。

・手袋をつけたままでも操作!

商品名にBarとあるように、AirBarは棒状。ノートPCのスクリーン下に置き、PCのUSBに繋げるだけでタッチ操作が可能になる。

技術的な詳細は明らかにされていないが、スクリーンに向けて目には見えない光がAirBarから出ていて、その光がどう乱されたかを感知することで操作を可能にしているようだ。

できるようになるのはピンチやスワイプに加え、タップやスクロール。しかも、ユーザーの指やスタイラスだけでなく、手袋や箸、筆などにも反応するのは驚きだ。その操作デモビデオはこちらから。

・作業の効率がアップ⁉︎

AirBarは15.6インチ用で、WindowsとChromeに対応。残念ながらMacでは使える機能が限定的とのこと。

現在、サイトでプレオーダーを受け付け中。タッチ操作非対応のノートPCユーザーは、作業の効率アップに生かさない手はなさそうだ。

AirBar

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP