ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

「マイケル・ムーアの撮り方は面白くない」 ドキュメンタリー作家・想田和弘”台本至上主義”に異を唱える

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

映画作家の想田和弘氏

 「お前は家を建てるのに設計図なしで建てるのか」。ドキュメンタリー製作の”台本至上主義”に異を唱えている映画作家の想田和弘氏は以前、自身のドキュメンタリーに対する姿勢について、このように言われたことがあるそうだ。しかし――。2011年7月29日のニコニコ生放送「想田和弘監督に直撃!ドキュメンタリー映画とそのウラ側にある真実」に出演した想田氏は、「ドキュメンタリーは家じゃない」と語る。

 想田氏は、ナレーションも音楽も挿入しない作風で知られるドキュメンタリー映画作家だ。自らは”観察映画”と呼ぶ、台本すらないドキュメンタリーのジャンルを切り開いている。市議会補欠選挙の落下傘候補に焦点を当てた「選挙」(2007)や外来の精神科クリニックを舞台とした「精神」(2008)などは、海外で高く評価されている。

 一般的に、ドキュメンタリーの制作現場では、まず対象についてのリサーチをし、何が撮れる・撮れないかを決め、それから最後のオチまでつけた台本を書くことがよく行われる。アメリカ・ニューヨークで映像を学び、現地でテレビの世界に入った経験を持つ想田氏によると、ドキュメンタリーにおける”台本至上主義”は、日本だけではなく、世界的な現象だという。

 この”台本至上主義”がはびこる原因のひとつには、番組を失敗させたくないテレビ局側の意向がある。しかし想田氏は、ドキュメンタリーの台本について「自分でプランしたことしか撮れない。自分の台本に合うことばかりにカメラを向けて、都合よくつなぎ合わせるわけだから」と評した上で、
 

「ドキュメンタリーを作る時、一番ワクワクするのは、(自分が考えもしなかったような)訳が分からないものが撮れちゃった時。訳の分からない偶然を呼び寄せるためには、台本を捨てることが大事だ」

と語った。さらに、想田氏は「僕もかつて(テレビのドキュメンタリーを作っているころ)『お前は家を建てるのに設計図なしで建てるのか』と怒られたことがある」とした上で、

「だけど、ドキュメンタリーは家じゃない。下手すると失敗するというギリギリのところで作らないと、面白いドキュメンタリーはできないと思う」

と”ドキュメンタリー論”について熱く語った。

■マイケル・ムーアの撮り方は面白くない

映画作家の想田和弘氏

 近年、ドキュメンタリー映画が商業化し、多くの人に見られるようになってきた。そのきっかけとして、「華氏911」「シッコ」などの映画監督マイケル・ムーア氏の存在が挙げられる。番組では視聴者から、「マイケル・ムーアについてどう思うか?」という質問が寄せられた。これに対し想田氏は、「マイケル・ムーアのおかげでドキュメンタリーを映画館で見ることが一般化したし、その意味では恩がある」としながらも、ムーアの作品に対しては厳しい評価を下した。

 想田氏は「ブッシュの再選を阻むために撮られた映画」として、ジョージ・ブッシュ大統領(息子のほう)をテーマにした「華氏911」を例に挙げ、「『ブッシュはひどい大統領だ』ということを、いかに証明するかを考えて台本を書いて、それに合う映像を集めてくる」と、マイケル・ムーア氏の「結論が先にある」手法を説明。その上で、

「それでは作っていて面白くないと思う。だって、ブッシュ大統領に関する彼(=マイケル・ムーア)の意見は、作る前と作った後で変わっていないから。つまり、発見があまりない」

と語り、自身とのスタンスの違いを解説した。さらに想田氏は、もし自分が撮るとしたら

「僕は正直言って、ブッシュ大統領が大嫌いだけど、もしかしたら大好きになっちゃうかもしれないという”転向の可能性”にも自分の体と意識を開きながら撮る。それは中立になるということではなくて、よく見る、よく聞くということ。そこから何か発見したいということ」

と述べ、自身の”ドキュメンタリー論”と絡めながら、マイケル・ムーアの映画は「観察映画とは対極にある」と話していた。

(山下真史)

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送] 視聴者の「マイケル・ムーアをどう思うか?」という質問部分から視聴-会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv57781423?po=news&ref=news#01:33:14

【関連記事】
地底1000メートル「神岡」から生中継 「アインシュタインの宿題」に挑む科学最前線
9.11陰謀論「WTCビルにはあらかじめ爆弾が設置されていた」に、阪大・菊池教授が反論
作家・高橋源一郎氏、文章上達には「他人に読んでもらうこと。恥ずかしいし、やる気になる」
映画監督・森氏 「愛する人を失った被災者に『がんばれ』とは言えない」
無縁社会に「生放送」でつながる若者たち

ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。