ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

五郎丸選手の12年間がぎゅっと詰まってます!~マガジンハウス担当者の今推し本『Tarzan特別編集 560 五郎丸 歩 PHOTO BOOK』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、マガジンハウスです。突然ですが、去年のハロウィンで、一番人気の仮装は何だったかご存知ですよね? そう、五郎丸選手です。オールドラグビーファンもにわかファンも心を奪われた、いま最もカッコいいラガーマンのフォトブックが、なぜかマガジンハウスから発売されました。出来立てほやほやの本を携え、担当M氏にタックルかましてきましたよ!

―――Mさん、お疲れ様です。早速ですが、この本が出ることになったきっかけを教えてください。 

M 「雑誌『Tarzan』の連載で<PHOTOGRAPHER>というページがあり、2015年ラグビーワールドカップが始まる頃の9月発売の号で日本ラグビー協会オフィシャルフォトグラファーの長岡洋幸さんの作品を掲載させていただきました。その後、10月末の決勝までイギリスでのワールドカップで取材をしていた長岡さんとメールをやりとりしていたときに、日本のラグビー熱、五郎丸熱の盛り上がりをお伝えしたところ、『五郎丸さんの写真なら12年前のものから揃っている』と」

―――12年分と聞いちゃあ、一冊の本にするしかないですよね。ところでMさんは『Tarzan』編集部所属ですよね。『Tarzan』と五郎丸選手の縁はいつごろが始まりでしょうか。

M 「その<PHOTOGRAPHER>というページで、五郎丸さんのプレー中の写真を見開きで掲載したのが初めてだと思います」

―――この本は、これまで撮り溜めてきた写真がメインですが、撮り下ろしカットはありますか?

M 「もちろん! 表紙、それからインタビューページは磐田(ヤマハ発動機ジュビロの本拠地)で撮り下ろしました」

―――いま一番旬の選手なだけに、いわゆる“五郎丸本”はいくつも出版されていますが、この本ならではのウリを教えてください。

M 「タイトルにもある通り、560カットの写真ですね。スタッフのアイデアで560枚を掲載しようということになったのですが、五郎丸選手のプレーをそれだけたっぷり見られる本はないと思います。あのキックの動きも、まるで動画のように見ることができますし。ラグビーに詳しい人も、そうでない人も楽しめるつくりにしたつもりです」

―――最近の写真だけじゃ、そこまでの枚数はなかなか難しいですもんね。

M 「初の日本代表選出を含む早稲田大学時代、ヤマハ時代、昨年のワールドカップと、あ、3歳のころの貴重なカットもあります(笑)。五郎丸さんの12年を濃厚に追った写真で、ひとりのプレーヤーの歴史や進化を追うことができるとも言えます。また、560という膨大な枚数を飽きさせずに、グラフィック的にも楽しめるデザインワークも見どころですね」


19歳、初の代表デビュー時の写真。顔つきが違う……。

―――では、健康系雑誌である『Tarzan』編集ならではのポイントは?

M 「そうですね、五郎丸さんのサイズなどのボディデータを有名トレーナーが分析、その肉体の強さの秘密を探った点でしょうか。過去~未来について本音に迫ったインタビュー、56の質問、五郎丸語録も読み物として興味深いかと思います!」

―――560カットという膨大な写真の中でも、特にMさんお気に入りの一枚は?

M 「P34~35のセンターにある、代表合宿の練習風景が、戦士のように凛々しいんです。あるいは、最終ページのチビッ子プレーヤーに鼻をいじられているカットやファンのサインに応じているカットなど、オフのときの優しい表情も見逃せません。……すいません、一枚に決められません!」

―――ですよね(笑)。ではMさんが考える、五郎丸選手の魅力、人気の理由は何だと思いますか?

M 「その正確なプレーや、ラグビーに対するひたむきさはもちろん大きな魅力だと思いますが、それらが作りだす、“真っすぐ”、“端正”、“背筋が伸びた感じ”といった、昔の日本人てこうだったんじゃないかな、と思わせてくれる、ある意味、クラシックで正統派の佇まいが新鮮に映ったんじゃないでしょうか」

―――確かにとても端正ですよね! 一方で、56の質問のページでの回答のそっけなさ(笑)が面白かったです。この質問項目はどうやって決めたのでしょうか。

M 「あまりくだらなすぎても“パス”されそうだし、でも意外な答えもほしい……。これぐらいはいけるか、というラインをスタッフで考えました。戻ってきたお答えにはパスはなく、ちゃんと答えていただきました。お茶目なお答えもあり、みんなでホッとしたのを覚えています」

―――この本を作られている最中に、何か新たな発見はありましたか? 五郎丸選手の意外な素顔とか……。

M 「ボディ分析のためにサイズを関係方面に問い合わせていたのですが『こちらにはないので、取材当日採寸してください』と言われてしまい、ちょっと焦ったんですよ。そんな……失礼じゃないかな……って。青ざめながら、恐る恐るご本人に『あのお~、採寸させていただけますか?』とお願いしたところ、『あ、いいですよ』と、いきなりスーツのジャケットを脱ぎ、ネクタイも外してくださり、心よく協力していただきました」

―――きゃ~! そのジャケットとネクタイを外している様子の動画も希望~!

M 「いろんな意味で、よかったです(笑)」

―――では最後に、この本を手に取られた皆さまにメッセージをお願いします。

M 「しつこいようですが、写真がたっぷりです。2015年のワールドカップのカットにうっとりするのもよし、一人の人間のカラダが12年でこれほど変わるか、という発見もあるし、五郎丸選手のクロニクルのページと一緒に読んで、その辛苦と栄光のヒストリーを写真とともに堪能もできます。いろいろな角度から楽しんでいただければ幸いです!」


掲載写真をもう1カット! 残り557カットは本書でチェックしてくださいね。(写真・長岡洋幸)

今週の推し本

『Tarzan特別編集 560 五郎丸 歩 PHOTO BOOK』 マガジンハウス編

ページ数:80頁
ISBN:9784838750887
定価:1,200円 (税込)
発売:2016.01.07
ジャンル:写真集
[http://magazineworld.jp/books/paper/5088/]

マガジンハウス PR担の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP