体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カリスマ経営者たちも実践した ビジネスや人生に取り入れたい「禅」の言葉

新しい年のスタート。皆さんはどんな気持ちで仕事始めを迎えたでしょうか。今回は、お正月ののんびり気分がまだ抜けていない人にも、今年の目標への決意を胸に意欲を燃やしている人にも、気分が引き締まる言葉の数々をご紹介しましょう。

テーマは「禅」

まっさきに思い浮かぶイメージはお寺で僧侶が静かに坐禅を組んでいるシーンだと思いますが、実はビジネスパーソンにも禅に傾倒し、坐禅を組む習慣を持つ人は多いようです。

誰もが知る有名な経営者では、アップルの創業者であるスティーブ・ジョブズ氏、京セラ創業者でありJALの再建も手がけた稲盛和夫氏、パナソニック(旧松下電器産業)創業者の松下幸之助氏など。その経営手法には禅の思想に通じるものも見られるようです。また、近頃ではグーグルやインテルといったグローバル企業をはじめ、研修プログラムに禅を取り入れている企業も増えてきました。

f:id:tany_tanimoto:20160105135700j:plain

今回お話を伺ったのは、株式会社シマーズ代表取締役であり、「禅トレプレナー協会」の代表理事を務める島津清彦氏。島津氏は、スターツコーポレーションの専務取締役、スターツピタットハウス代表取締役を経て経営コンサルタントとして独立。その後、「禅」に出会って、曹洞宗高雲山観音寺にて得度、仏門に入るという異色の経歴を持つ人物です。禅を研究するうちに、「人生、ビジネスの成功法則は禅の中にすべてある」と気づいたといいます。

島津氏によると、ビジネスや「経営」に禅を取り入れるメリットや効果には次のようなものがあるとか。

リーダーの強いメンタリティー(決断のぶれない「軸」)を作る 社員一人一人の潜在能力を引き出し、全員経営による持続的成長を実現 集中力が高まることで業務の生産性が向上 思いやり・助け合いの精神が生まれ、チームとしての一体感が醸成される 顧客対応力・危機対応力=現場の「気づき」力が高まる 等々

そこで、数多くある「禅」の言葉の中から、「仕事」「ビジネス」に活かせるものを紹介、解説いただきます。あなたにとってピンと来るものがあれば、書き留めて、日ごろから意識してみてはいかがでしょうか。

ビジネスに活かせる「禅」の言葉

調身・調息・調心(ちょうしん・ちょうそく・ちょうしん)

<基本の意味>

坐禅の基本的な手順。身体を調え、呼吸を調え、心を調える。どれか一つが欠けても正しい坐禅はできない。

<ビジネス視点での捉え方>

身だしなみ、立ち居振る舞い、言葉使いが美しければお客様からも信頼されます。それが自信、プライドなどにつながります。

無常(むじょう)

<基本の意味>

この世のすべてのものは常に変化し続けていて、定まることがないということ。

<ビジネス視点での捉え方>

マーケット状況、顧客や消費者のニーズ、ビジネスの手法など、ビジネスを取り巻くものごとはすべて「無常」です。変化にすばやく対応していくためには、自分自身も変化し続けなければなりません。

信頼関係を築いている顧客やパートナーであっても、その関係は常に変化していくものと心得て、きめ細かなフォローを継続していくことが大切です。

真玉泥中異(しんぎょくでいちゅうにいなり)

<基本の意味>

宝石は泥の中にあっても輝きを失わない。

<ビジネス視点での捉え方>

どんな部署、境遇にあっても、自分を輝かせる方法は必ずあります。どんな仕事にも主体性を発揮し、面白さを見つけ出し、与えられたテーマに真摯に向き合っていれば、働きぶりは必ず評価され、「次」につながります。

不遇を嘆くよりも、今の仕事を天職と思って一所懸命に取り組んでいれば、やがて大きなチャンスが巡ってくるものです。

放下著(ほうげじゃく)

<基本の意味>

「放下」とは捨てること。「著」は強調語。「何もかも思いきって捨ててしまえ」という意味。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。