ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】”作り手が本当に欲しいものをカタチに”次世代型トランシーバー「BONX」の魅力に迫る!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

クラウドファンディングで、驚異的な資金達成記録を打ち出した「BONX」が、ついに発売される。

プレオーダーで予約が殺到したプロダクトだけに、その姿を早く見たいと望むユーザーも、多いことだろう。

そんな製品の魅力を探るべく、テッカブルでは、開発企業に取材を決行。本品企画の立役者である、CEOの宮坂 貴大(みやさか たかひろ)氏から、さまざまな話を聞いた。

・スノーボード好きが高じて始まったプロジェクト

Q1:まずは、「BONX」開発のきっかけから、お聞かせください。

スノーボード好きなCEO宮坂の、“スノーボード中に仲間と話せたらいいのに!”という思いが原点です。

その素朴な思いから、実際に会社を辞めて起業するところまで至った背景には、GoProの創業者、ニック・ウッドマン氏の存在がありました。“サーフィン中、簡単に撮影できたらいいのに!”という個人的なニーズから、GoProというグローバルなファンコミュニティの製品を作り上げた彼のストーリーには、かなり勇気づけられましたね。

Q2:開発にあたって、最も苦労したのはどんなところでしょうか。

人です!「BONX」は、ソフトウェアからハードウェアまで、さまざまな能力を結集しないと、実現しないプロダクトです。

しかも意外と難しい製品なので、スキルレベルも高い必要がある。そういうドリームチームの一員を、一人ずつ獲得していくところが大変でした。

特に、金も製品もなく、ビジョンしかない状況での人探しは、苦労しましたね。現在は、トップエンジニア&デザイナーが、駒沢公園隣で楽しく働く、いい感じのチームができています。

・本当に欲しいものを作りたい気持ちが伝わった

Q3:IoTハードウェア分野でのクラウドファンディングとしては、最速の期間で資金を調達されたそうですが、これだけの反響を得た理由は、どこにあると思われますか?

“BONXがあれば、今までやっていた遊びが、もっと楽しくなる!”というのが、伝わったからではないでしょうか?

その根底には、僕らが本当に欲しいものを作っている、というのがあると思います。僕ら自身が、明確な使用シーンを念頭に置いて作っているからこそ、見た人も“それなら、こういうシーンでも使えるな”と、想像しやすい。

あとは、感動をその場で誰かに伝えたい、ということが誰もが持っている普遍的な欲求だからだ、と思います。

Q4:次のプロダクトの構想は、もうあるのでしょうか。今後の展開について、お聞かせください。

Appleをもってしても、iPhoneをプロダクトとして完成させるまでに、しばらく時間を要したように、僕たちも「BONX」がいきなり完成するとは思っていません。

この第一弾プロダクトの反響を見ながら、「BONX」を根気強く進化させていきたい、と思っています。もちろん、皆さまをびっくりさせるような構想もありますが、それは出てからのお楽しみということで……。

並々ならぬ探究心と、遊び心が結集した「BONX」。宮坂氏が言う通り、あらゆるシーンでの活用が期待できそうだ。一般販売は、始まったばかり。早速、サイトをチェックしてみよう。

BONX

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。