ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CES 2016 : ハーマン、Google Cast for Audioをサポートしたワイヤレススピーカー「Omni+」シリーズを発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Harman インターナショナルは 1 月 5 日、CES 2016 イベントで Google Cast for Audio や Spotify Connect をサポートしたワイヤレススピーカーの新モデル「Harman Kardon Omni+」シリーズを発表しました。Omni+ シリーズは、Bluetooth と Wi-Fi(2.4GHz / 5GHz)をサポートした家庭向けのワイヤレススピーカー製品で、Omni 10+、Omni 20+、Omni 50+、Omni Bar+、Adapt+ の 5 モデルで展開されます。Omni Bar+ はサウンドバーで、HDMI 出力端子やドルビーデジタル、Harman Display Surround exclusive Virtual Sound に対応。5 モデルの中では最も高い $999 で販売されます。$199 の Adapt+ はオーディオ端子の入力だけではなく出力も備えたアダプタ製品で、こちらもドルビーデジタルに対応しています。他の Omoni+ シリーズは番号が上がるたびに価格も上昇し、Omni 50+ が $499 と Omni 10+ / 20+ よりも上位の製品になります。 いずれも、24-bit / 192KHz のハイレゾ再生に対応したハイスペックな製品で、Google Cast for Audio に対応したことで、Google Play ミュージックや Pandora などのアプリの音を Wi-Fi 経由で再生できるようになりました。また、最大 5 台スピーカーをグループ化してマルチルームオーディオシステムを構築したり、スピーカー同士を繋げることで 2.1ch または 5.1ch のサラウンドシステムを構築することもできます。なお、Omni 50+ はバッテリーを内蔵したポータブル仕様で、IPX5 の防水にも対応しています。Source : ハーマン

■関連記事
Android版「LastPass」がv4.0にバージョンアップ、Emergency Access機能などを追加
CES 2016 : HTCとUnder Armour、フィットネスデバイス「UA Band」「UA Scale」「UA Heart Rate」を発表、1月22日に発売
CES 2016 : TCL、Windows 10 Mobileを搭載した8インチタブレット「Alcatel OneTouch Pixi 3」を発表、Android版もあり

juggly.cn
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP