体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

県名変更まで議会で審議された滋賀県 認知度・魅力度を上げるにはどうしたらいい?

biwako-s

ブランド総合研究所による『地域ブランド調査2015 魅力度47都道府県ランキング』では滋賀県は43位。茨城・佐賀・群馬・埼玉に次いでビリから数えて5番目。過去からの推移をみると、2010年36位・2011年38位・2012年37位・2013年36位・2014年39位・2015年43位で、2015年が過去最低位となっています。
出典:株式会社ブランド総合研究所 地域ブランド調査2015 http://tiiki.jp/news/05_research/survey2015

県名変更まで議会で審議された

そんな状況から今年2月の県議会でも県名変更の提案がされました。

 滋賀県議会の2月定例会議一般質問で25日、「滋賀」のブランド力の低さから「県名を変更しては」とする提案が出た。同様の提案は前知事時代の2009年にもあり、三日月大造知事は現県名の重要性を強調しつつ、議論を深めることに一定の理解も示した。再三の県名変更提案の背景には、滋賀よりも「近江」の認知度が高い現状がある。

出典:京都新聞(2015年02月26日) http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20150226000023

しかし、県民アンケートの結果を見て、県名変更は回避されました。

 滋賀県の認知度を上げるために県名を変えた方がいいか否か。県が県民にアンケートしたところ「変える必要はない」が82・8%を占めた。「変えた方がよい」は6・5%だった。27日に発表した三日月大造知事は「今の県名への強い愛着の表れ」と述べ、「滋賀県」で通す決意を示した。

出典:朝日新聞デジタル(2015年7月28日) http://www.asahi.com/articles/ASH7W4SLNH7WPTJB018.html

滋賀県の魅力って何でしょう?

筆者の感じている滋賀県の魅力をまとめてみました。

平城・平安より古く都が造られた

667年に天智天皇が今の大津市に都・大津宮を遷都しました。奈良・平城京遷都が710年、京都・平安京遷都が794年ですから奈良や京都より古くに都が造られたことになりますね。そのため史跡が多く残っています。

shiga2015-1

画像:大津宮跡 筆者撮影

天台宗総本山・比叡山延暦寺がある

平安時代に最澄によって天台宗総本山・比叡山延暦寺が創建されました。延暦寺は京都にあると思っている人がいると思いますが、滋賀県大津市にあるのですよ。住所は滋賀県大津市坂本本町4220。

hieizan

画像:筆者撮影

戦国時代・数多くの合戦の舞台となった

戦国時代には「近江を制する者は天下を制す」として、数々の合戦の舞台となりました。県では「戦国の近江」魅力発信事業を実施するようです。

「戦国の近江」魅力発信事業について

滋賀県には城跡や古戦場などの戦国時代の遺跡が数多く存在します。これらは滋賀県の歴史・文化を物語る貴重な歴史遺産です。そこで、これら滋賀県に残る戦国時代の遺跡について、その価値を明らかにし、広く全世界に向けてその魅力を発信することを目的として、以下の4事業を実施します。
1.「戦国の近江」東京シンポジウムの開催
2.連続講座「戦国の近江」の開催
3.英語版解説資料の作成
4.テレビ番組「戦国の近江」の制作

出典:県政eしんぶん報道資料 http://www.pref.shiga.lg.jp/hodo/e-shinbun/ma07/20151021_1.html

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会