ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【米ビルボード・アルバム・チャート】アデル『25』の週間セールスが再びミリオン突破の快挙、SWサントラがTOP5圏内に初登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アデルの『25』が、登場5週目にして週間セールスがミリオンを突破するという快挙をみせた、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 クリスマス・ギフトとして、ホリデー・シーズンは毎年CDのセールスが伸びるのだが、今年の大本命はやはり、アデルの『25』だった。その数字の伸び率はすさまじく、登場5週目にして再び週間セールスが100万枚を突破、およそ120万枚を売り上げ、累計枚数は700万枚を突破した。これは、初登場の初動枚数340万枚に次ぐ記録で、通算5週目にしてミリオン・セールスというのは、当然歴代最高記録。

 2月に開催される【第58回グラミー賞】の出演はほぼ確定していて、春からスタートするツアーのプロモーションも含め、今後もセールスが落ちることはないだろう。年内に何万枚を売り上げるか、そして女性ソロ・アーティストとして歴代最高記録を更新するか、注目が集まる。

 これまでには、1999年リリースのブリトニー・スピアーズのデビュー盤『ベイビー・ワン・モア・タイム』が1300万枚で歴代3位、1995年リリースのアラニス・モリセットの3rdアルバム『ジャグド・リトル・ピル』が1600万枚で歴代2位、そして歴代1位は、1997年に発売された、シャナイア・トゥエインの2ndアルバム『カム・オン・オーヴァー』で、累計枚数は2000万枚を突破している。

 アデルの『25』が、この女性ソロ・アーティストたちの歴代記録にどこまで追いつくことができるか、期待が集まるが、歴代記録を死守する3作とも、本作『25』ほどの週間セールスは記録しておらず、このままセールスを落とすことがなければ、首位のシャナイア・トゥエインに追いつくことも、十分に考えられる。CDが売れないといわれるこの時代に、2000万枚を突破するともなれば、音楽シーンにおいても衝撃のニュースとなるだろう。

 アデルとデットヒートを繰り広げる、ジャスティン・ビーバーの『パーパス』も、セールスが衰えることなく、登場6週目で20万枚を突破し、2位に停滞。アデルのケースとは異なり、ジャスティンは今週も3曲がTOP5入りを果たしている、同作からの大ヒットシングルでアルバムを売り込むという戦略。昨年からアルバムの集計に、単曲のデジタル・セールスやストリーミング・ポイントが加わったことによって、本作『パーパス』の大ヒットへとつなげた。まさに、時代を象徴するようなヒットの傾向だ。

 3位には、前作『X』からおよそ1年ぶり、通算7作目のスタジオ・アルバムとなる、クリス・ブラウンの『ロイヤルティ』が18万枚を売り上げ、初登場した。300万枚を売り上げた、デビュー作『クリス・ブラウン』(2005年)から10年、これまでリリースしたアルバム7作がすべてTOP10入りを果たすという快挙を成し遂げ、未だその人気は衰えていないということを物語る。また、本作からのシングル・ヒットがないにもかかわらず、初動枚数が20万枚近くをマークするというのも、アルバムで勝負できるアーティストという結果だろう。

 5位には、公開12日間の世界興行収入が10億ドルを突破し、史上最速の興行収入を記録した映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のサウンドトラックが初登場した。

Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、30日22時以降となります。

関連記事リンク(外部サイト)

1月9日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
1月9日付 Billboard Hot 100 全米シングルチャート
【グラミー賞】新人賞ノミネート!コートニー・バーネット最新インタビュー 「自分の音楽をやってるだけで、他人が何をやってるとかトレンドは気にしてない」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP