ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃】スターウォーズを駄作だと言うとボコボコに叩かれる / 日本人は同調圧力により本音を言えない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年12月18日から公開されているSF超大作映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」。世界的に大ヒットしている作品なので、すでに劇場で鑑賞した人も多くいるはずだ。スター・ウォーズシリーズに思い入れがある人も、最近この作品を知った人も、それぞれが「それぞれの感想」を持っているはずだ。

・徹底的にバッシングされる
しかし、日本人の多くは同調圧力という見えない悪しき思考の支配下にあるため、多くの人が絶賛している作品に対して批判的な意見や感想を言うと、徹底的にバッシングされるのだという。以下は、映画愛好家のゼット・ジュカッサ氏(仮名)のコメントである。

・ジュカッサ氏のコメント
「私はスター・ウォーズマニアですが、今回のエピソード7は駄作としか言いようのない内容でした。ファンサービスのみが際立ち、もしブルーレイでエピソード1から続けてみたとしたら、7だけ内容のないスカスカ作品に感じるのは目に見えています。しかし、私は駄作とは誰にも言いません。ネットにも面白かったと書きました。なぜなら、日本人の同調圧力の恐ろしさを知っているからです」

・否定的な評価をする者はバッシングの対象
ジュカッサ氏によると、日本人の傾向として「みんなが良いと思う作品を否定する者」を許さない傾向にあるのだとか。自分や同意見の人の考えだけを「唯一の作品価値」として認め、それ以外の否定的な評価をする者はバッシングの対象になるのだという。

・ジュカッサ氏のコメント
「海外では、いろんな意見があって当然というのが常識です。たとえ自分が絶賛する作品を貶されたとしても、低評価されたとしても、文句を言っている人をバッシングしません。人の価値観はそれぞれという考えが根本にあるからです。つまり同調圧力は皆無なんです。自分が好きな作品を低評価する人を嫌いになることもありませんし、腹も立ちません。作品に対する意見や感想は、人格と別の存在だからです。海外では同調しないからこそ生まれる「良い議論の場」が発展しています」

・日本人の場合
否定派「スターウォーズ7は駄作だった」

肯定派「なんだとコラ! お前は何もわかってない!! 良作に決まってるだろ許さん!」

完膚なきまでにフルボッコ

・海外の場合
否定派「スターウォーズ7は駄作だった」

肯定派「なるほどね」
肯定派「でもこんな視点もあるぞ」

議論の場が広がる

・同調圧力の渦に巻き込まれている
確かに、日本人は周囲の人たちが良いといったものを「自分も良いと思わなきゃいけないかも!?」「良い評価をしなきゃいけないかも?」と思ってしまいがちかもれない。皆さんは、同調圧力の渦に巻き込まれていないだろうか? ところで皆さんは「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」は面白かった? つまらない?

https://youtu.be/Om2X_IwjRPg

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/12/30/star-wars-peer-pressure/

Via: STAR WARS

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP