ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

海外で人気の掲示板「4ちゃんねる」管理人が来日 ひろゆきとソーシャルメディアを語る

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
4chanの創設者ムート(写真・中央)

 日本最大の掲示板サイトといえば「2ちゃんねる」だが、同じように英語圏では画像掲示板「4ちゃんねる(4chan)」が人気になっている。2011年7月27日のニコニコ生放送「ソーシャルメディアってなぁに?」では、その4chanの創設者ムート(Moot/ハンドルネーム)氏と2ちゃんねる創設者のひろゆき氏が対談。ソーシャルメディアに対する意見を交換した。

 日本のアニメが好きだったというムート氏は画像掲示板「ふたば☆ちゃんねる」を見て、日本語は読めないにしても、更新するたびに新しい画像が登場することに魅力を感じたという。そこで、アメリカでも「ふたば☆ちゃんねる」のようなものができないかと、2003年に立ち上げたのが4chanだった。現在、4chanには1200万人のユーザーがいて、1ヶ月のアクセス数は5億もあるという。ムート氏はこの4chanの経験を生かして、現在は複数のユーザーで画像を編集して遊べる「Canvas」というサイトも運営している。

 2ちゃんねるも4chanもユーザーの活発なやり取りから、独自の文化が創り出されていった一種のソーシャルメディアと言える。番組終盤には、そんな巨大掲示板の創設者2人に、視聴者から「ソーシャルメディアの最終形は何かという質問が寄せられた。

 これに対しひろゆき氏は「そんなのないでしょう」とあっさり。匿名と実名、どちらを選ぶかという問題もあって、1つには絞れないのではないかという考えを示した。一方のムート氏は「ディアスポラ(離散、分散)」だと答える。

「自分のブログ、自分の世界を作って、他のブログと連携を取る。今すぐには無理だけれど、例えば、自分のノード(ネットワークの一要素)を持つようになる可能性もあると思う。現在はフェイスブックのような1ヶ所に集中しているけれど、もっと分散された形になっていくだろう。マイクロソフトに対するグーグルのようなものが出て来て、新しいサービスが提供されるのではないか」

 巨大ソーシャルメディアによる独占を否定するという点では、両者の描く未来像は似ていると言えそうだ。

(野吟りん)

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]「究極のソーシャルメディアとは」部分から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv57271090?po=news&ref=news#1:02:40
・4chan – 公式サイト(英語)
http://www.4chan.org/
・Canvas – 公式サイト(英語)
http://canv.as/join

【関連記事】
田原総一朗氏、東浩紀氏、ひろゆき氏ら識者が語る”堀江貴文”像
近頃の若者はコミュ力不足? 原田氏「時代に最も適応した人」
ディスカバリー号「最後の打ち上げ」成功!ニコ生に宇宙飛行士・野口氏が出演
海自の練習艦かしまの艦長「オペレーション・トモダチ」を語る
「こういうことには必ず『次』がある」 ビンラディン容疑者死亡でホワイトハウス前に集う人々

ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。