ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HOYAのXperia Z5 Premium用ガラスパネル「Z’us-G」のレビュー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

メガネレンズやガラス加工でお馴染みの HOYA が販売している Xperia Z5 Premium 用のガラスパネル「Z’us-G」を入手したので、その使用感などをレポートしたいと思います(※ 記事の執筆にあたって、HOYA サービスより商品サンプルの提供を受けています)Z’us-G は、耐衝撃性の高いアルミノシリケートガラスを採用した液晶保護用のガラスパネルで、落下や曲げに強く、表面には防汚コートが施されています。ガラスパネルを使用する目的は液晶パネルの直接的な傷や割れを防止することのほか、タッチ操作の滑らかさをよくするためです。私は新しい Xperia を購入するといつもガラスパネルを付けています。今回入手したのは「Xperia Z5 Premium 用 Z’us-G ハイクリア」です。価格は税込み 3,780 円と、一般的なガラスパネルよりもやや高価なのですが、メガネレンズなどで有名な HOYA が製造した製品だと考えると安心なので妥協できます。Xperia Z5 Premium 用は昨年までに発売された製品よりも薄くなっているのが特徴です。従来は 0.3mm 厚でしたが、Xperia Z5 Premium 用は 0.2mm。同梱品は、ガラスパネル、クリーナークロス、取説です。貼る前に厚みを見てみましたが、確かに従来の 0.3mm 版よりも薄く、パネルを持って腕を振るとしなる感じがありました。液晶保護シートと硬いガラスパネルの中間のような製品です。しかし、残念ながら、エッジカットは施されていません。今回はかつてないほど上手く貼れました。Xperia Z5 Premium 用はスピーカーの位置が若干カットされているので、本体のスピーカーに合わせて貼りやすくなっています。貼ってみると、前面のほぼ全てを覆うタイプで、両サイドの隙間がほぼ出来ないことが分かりました。フレーム部分までを覆う保護ケースだと干渉してしまうかもしれません。貼った後の画面の表示はとても綺麗でした。ガラスパネルの厚みが影響して画質が悪くなることは肉眼で見た限りありません。Z’us-G の特徴は画面を傷から守るところです。今回は鍵で画面を引っ掻いたり、外に出て地面に画面をこすりつけたりしました。テストをハードには行っていませんが予想どおり傷は付かず、従来よりも薄くなったと言っても、耐久性が落ちたとは全く感じませんでした。Source : HOYA

■関連記事
Samsung、モバイル決済「Samsung Pay」のオンラインショップ対応を計画
グローバルマーケットとThe KENZ、複数台のVRユニットにコンテンツを同時配信するシステム「ラーニングGear」を発売
グローバルオフェンス、Micro USB / Lightning端子をマグネット端子化する「マグネットケーブル」をクラウドファンディングサイトで発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP