ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今年もパティスリー キハチからニューイヤーケーキ「ボナネ」発売、縁起が良い市松模様がオシャレ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


サザビーリーグが運営するパティスリー キハチ各店舗(一部店舗を除く)では市松模様のニューイヤーケーキ「ボナネ」を2016年1月1日(金)、新宿伊勢丹店のみ12月26日(土) より発売する。

市松模様は、二色の正方形を交互に配した模様。江戸時代の歌舞伎役者初代佐野川市松が衣装に用いたことが発祥。その演目が好評だったため縁起が良いと言い伝えられている。

ボナネは、2013年に初登場。人気商品となった証に今年も発売が決定。「ボナネ」は、フランス語で“あけましておめでとう”を意味する。アーモンド入りのプレーンとココアの生地にマロン風味のシロップを染み込ませ、チョコレートクリームをはさみ、縁起のよい白黒の市松模様に組み立てた。周囲はほろ苦いキャラメルでコーティング。上部は熊本県産渋皮栗の甘露煮と金箔で飾った。

ボナネは、14㎝で税込1944円だ。販売は1月5日(火)まで。新宿伊勢丹店のみ1月7日(木)までとなっている。

縁起の良い市松模様がスイーツになるととてもオシャレでいい感じ。和洋折衷?のニューイヤーケーキで家族や友人と新年の到来をお祝いしてみて。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP