ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2倍高速充電モード、オートパワーオフなどを備えた多機能すぎる充電器「ChargeMate」が便利そう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

現在クラウドファンディングKickstarterで出資を募集している「ChargeMate」が便利そうだ。さまざまな機能が満載のUSBケーブル用チャージコネクタである。

・2倍の高速充電、オートパワーオフ機能も!

ChargeMateはUSB 2.0、USB 3.0の両方に対応するコネクタで、通常の2倍の高速充電機能があるほか電圧、電流メーター表示したり、オートでパワーオフする機能があり、Android OTGをサポート。

チャージャーには、USBコネクタ・USBメスコネクタ・マイクロUSBコネクタ・有機ELスクリーンが搭載されており、スクリーンには現在のチャージモードや電流&電圧、チャージ時間が表示される。

チャージモードには、“通常モード”、“intelligent chargeモード”の2種類がある。“通常モード”の充電電流は0.42アンペア、“intelligent chargeモード”では0.82アンペアとなっており、約2倍の高速充電が可能となっている。

・デバイスに適合した充電環境に最適化

普通スマートフォンの種類やデバイスによって、異なる充電環境が必要だったりするが、「ChargeMate」ならそのガジェットに合わせて最適化してくれるので安心である。

また、スマートフォンに「ChargeMate」を接続し、「ChargeMate」にマイクロSDカードを接続して、カード内のデータを読み込み、スマートフォンで表示する……なんてことも可能。カメラやマウス、キーボードを接続するなど、幅広い使い方ができそうだ。

ところで、電子デバイスの充電をしっぱなしにしていると、バッテリー寿命の消耗につながってしまうが、この「ChargeMate」はフル充電状態になると、オートでパワーオフされるので、過剰充電の心配はないという。

・Kickstarterで出資を受付中

とにかく便利な「ChargeMate」は、2016年1月16日まで出資を受付中で、早くも1個30ドル(約3600円)で購入できるプランが売り切れ、目標金額3000ドル(約36万円)の2倍超となる6千ドル(約72万円)の資金を集めている。

ChargeMate

 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。