ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【iOSユーザー必見】Apple Pencilのように使える「Me-PEN」が便利そう!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマホやタブレットなど、タッチスクリーン端末でデザインしたり、データ加工したりするという人も多いのではないだろうか。

iOSデバイス利用のそんなクリエイターに、メモリ付きのスタイラスペン「Me-PEN」を紹介したい。端末の容量を気にせず作業ができ、データの受け渡しなども容易になるというものだ。

・メモリ部分が外れる!

Me-PENはアップル社のMFi認証を取得していて、デザインイメージとしては、端に消しゴムが付いている鉛筆に近い。ただしMe-PENでは、消しゴムではなくメモリがあり、その部分が外れるようになっている。

なので、このスタイラスを使ってイラストなどを作成し、いざ保存する段になって端末の容量がいっぱいという時にも心配は不要だ。

また、複数の端末を使い分けている場合でも、シンクさせることなくこのスタイラスのメモリを物理的に介して作業ができる。

・細いペン先で作業もラクラク

もちろんスタイラスとしての機能も大事。その点、従来のスタイラスに比べてペン先は細く、スケッチ、メモ、写真のデータ加工などの作業がしやすいのも売りという。

ちなみにこのスタイラス、ボディ部分を取り替えてボールペンとして使うこともできる。

・16GBが39ドルから

端末での作業にデータ保存は付き物。保管場所に悩むことなく、それでいて作業効率アップも図れそうなこのスタイラス、気になる人はクラウドファンディングサイトKickstarterをチェックしてほしい。

今なら容量16GBのスタイラスまたはボールペンが39ドル、2つセットだと55ドルからとなっている。

32GBの場合、スタイラスまたはボールペンどちらか1つが59ドル、2つセットだと75ドルから。出資の受け付けは1月11日まで。

Me-PEN/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP