ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米ビルボード・アルバム・チャート:アデル『25』が3週連続1位&コールドプレイが2位初登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”の最新版(12月26日付)で、アデルの『25』がチャートデビューから3週連続1位をマークしたことが明らかになった。10日締めの1週間で72万8,000万枚を全米で売り上げ(ニールセン・ミュージック調べ)ており、このうち純粋なアルバム・セールスは業界予測65万枚を上回る69.5万枚を記録した。同作のトータル・セールスはこれで519万枚となった。

 ニールセン・ミュージックが1991年にセールス追跡調査を始めて以来、リリースから3週連続で65万枚以上売り上げたアルバムは『25』が初となる。3週にわたって65万枚セールスを記録したアルバムは過去に4作品あるものの、いずれもリリースから最初の3週間ではない。3週(あるいはそれ以上)にわたり65万枚セールスを達成した直近の作品は、いずれも2001年1月6日付けの同チャートに入っていたザ・ビートルズの『1』とバックストリート・ボーイズの『ブラック・アンド・ブルー』だ。

 なお、最新版“Billboard 200”で2位に初登場したのはコールドプレイの『ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ』だ。同作品は21万枚売り上げ、うち19万5,000枚が純粋なアルバム・セールスとなっている。

 イギリス出身の同バンドにとって、これで6作連続トップ5入りアルバムとなった。ちなみに過去4作は全て1位に初登場しており、同チャートを制した直近のアルバムは2014年の『ゴースト・ストーリーズ』で、38万3,000枚を売り上げた。

 一方、ジャスティン・ビーバーの『パーパス』は15万1,000枚(29%ダウン)で3位へ1ランク落としたほか、ペンタトニックスの『ザッツ・クリスマス・トゥ・ミー』は48%アップの13万9,000枚を売り上げたものの、3位から4位へダウンした。

 続いて、13万2,000枚を売り上げたG-Eazyの『When It’s Dark Out』が5位にチャートイン。同ラッパーにとって2作品目のトップ5入りとなった。また、『When It’s Dark Out』は“Top R&B/Hip-Hop Albums”チャートおよび“Rap Albums”チャートの両方で初登場1位をマークしている。

 この他、6位にはリック・ロスの『ブラック・マーケット』(6万5,000枚、うち純粋なアルバム・セールスは5万4,000枚)がチャートイン。トロイ・シヴァンのデビュー・フル・アルバム『Blue Neighbourhood』(6万5,000枚、純粋なアルバム・セールスは5万5,000枚)が7位スタート。ワン・ダイレクションの『メイド・イン・ザ・A.M.』は4位から8位へダウン、クリス・ステープルトンの『Traveller』が11位から9位へアップ、ザ・ウィークエンドの『Beauty Behind the Madness』が6位から10位にダウンしている。

関連記事リンク(外部サイト)

ザ・ストロークスのアルバートが妻の所有物を盗んだスリを撃退
リュック・ベッソン監督の映画『Valerian』にジャズの巨匠、ハービー・ハンコック出演へ
マイリー・サイラス、新ミュージック・ビデオ「BB Talk」で赤ちゃんに扮す

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP