ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

飲み放題で「レモンハイ」を頼む女性はNG? 貯金王・オードリー春日のブレない金銭感覚

DATE:
  • ガジェット通信を≫

オードリー春日の金銭感覚はエゲつい。超売れっ子になった現在も家賃3万9000円の風呂なしアパートに住み、節約の鬼のような生活を送っている。そんな春日が12月8日の「解決!ナイナイアンサー」(日本テレビ系)で、理想の結婚相手について語った。

普段お金をほとんど使わないゆえ、「貯金は引くぐらいある」と豪語する春日。2014年のテレビ番組出演本数も第5位という売れっ子ぶりだし、それは間違いなさそうだ。安定した人気と十分な貯蓄。36歳という年齢もまさに結婚適齢期といえるが、結婚相手に求める条件には「お金の価値観が合う人」と挙げている。(文:みゆくらけん)
元を取ろうとしない女性は「お金の価値がわかっていない」

とにかく「財産目的かどうか」を徹底的に見極めるという春日のチェックは、独特かつ厳しい。たとえば皆でカラオケに行き、飲み放題のコースを注文したとする。コースは1000円と2000円のものがあるが、高い方の2000円のコースに決めたとしよう。

この時、女性がどんなドリンクをオーダーするかによって、春日はその金銭感覚を見極めるのだとか。春日いわく、カシスオレンジはOKだが、レモンチューハイを頼んだ女性はNGだというのだ。

その理由は、せっかく高い方の2000円の飲み放題にしたのに、安い方の1000円のコースでもオーダーできるレモンチューハイを頼むことは「元を取ろうとしない」考え方が見えて嫌なのだという。これについて春日は、さらにこう発言している。

「(レモンハイの女性は)お金の価値がわかっていない。こういう女性は自分が飲みたいもの、欲しいものを人のお金でポンポン買っちゃうような、そんな女性です」

春日、あぁコワ。ドリンクのセレクトひとつでアリかナシかを判定される上に、「元を取る」価値観をヨシとされるなんて。彼自身がよっぽど「金が一番」の考え方ではないのか? 人によっては「何を頼めば得かを考えるより、自分の飲みたいものを選べる人の方が卑しくなくて良い」ということもあるだろう。
ネイルアートは「ギリOK」だが、デコスマホは「NG」

さらに春日は「ネイルアートはギリOKだが、携帯をデコっているのはNG」だと話す。

「『かわいいね』とか『キレイだね』とか言われたいだけ。そういう人と結婚したら、毛皮のコートを買うでしょうね。『わぁすごい』って言われたいから、ママ友に」

今時毛皮のコートとは微妙だが、この考察は確かに鋭い。実際、お金の価値観が合うかどうかは、結婚生活において大事な問題だ。Q&AサイトのYahoo!知恵袋でも「金銭感覚の不一致は結婚相性の不一致でした」という投稿がある。

妻からの投稿で旦那のことは好きだが、とにかくなんでも安く済ませようとする旦那にイライラしっぱなしで、離婚まで考えているのだとか。

夫婦のどちらがより収入に見合った考え方ができているのかは不明だが、金銭感覚の違いは「生活」という日常になればなるほどストレスとなりそうだ。
貯めるだけでなく「使う時には使う」一面も

春日の場合は、日常ではケチ過ぎるほどケチ。その一方で、家族旅行や実家の建て替えなど「使う時には使う」らしい。そういう春日を受け入れ、むしろ「しっかりしていて良い」と捉えられる女性なら幸せな結婚生活が送れそうだ。

しかし春日、ストイック。売れっ子になっても全く変わらぬ金銭感覚を維持し、それを貫き通すなんて、「確固たる自分」を持ち過ぎてて尊敬するわ。普通はブレて、イキりそうなのにな。

あわせてよみたい:オタク女性の6割が貯金「79万円以下」? アンケート結果に「それでもオタクはやめられない」
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP