体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本だろうが海外だろうが関係ない! 伝統工芸を再構築するクリエイティブプロデューサー・丸若裕俊の流儀

f:id:tany_tanimoto:20151211143734j:plain

2020年の東京オリンピックに向けて、日本全体が「海外に日本を発信すること」に意識的になっています。そんな時代のなか、丸若裕俊さんは一足早く伝統工芸の職人たちと深く関わりながら、日本文化を再構築、再編集して世に提案してきました。たとえば九谷焼の食器のプロデュースや、有田焼の花器、ステンレス包丁の製作や世界一薄い手漉き和紙「典具帖紙(てんぐじょうし)」によるインスタレーションなどを日本だけでなくパリでも発表しています。まさに「日本の優れたモノ」を海外に発信してきた丸若さん。その活動の原点や「自分の直感を信じる」という考えかたについて伺いました。

ファッション業界からの転職。理由は「人生を賭けてやれることだと思った」から

――もともとファッションブランドでお仕事をされていたそうですが、伝統工芸に関わるようになったきっかけはなんだったのでしょうか。

丸若裕俊さん(以下、丸若):若い時はとにかく新しい刺激が欲しくて、トレンドにどう関わろうかとばかり考えていたんです。でもそのうち「この洋服はすごく流行っているけど、本当に自分はこれがいいと思っているのか?」と、トレンドと自分の感覚が乖離していっちゃったんです。そこで、もっと視野を広げたいなと思って旅に出た時に出会ったのが九谷焼。衝撃を受けました。

――九谷焼といえば石川県の伝統的な焼き物で、繊細かつ鮮やかな彩色が特徴的ですね。

丸若:ええ。それまでは日本のもので「すごいな!」と衝撃を感じることは長らくなかったのですが、九谷焼を見たときに「なんだこれ!?」とワクワクしたんですよ。周りがなんと言おうが、僕は自信を持って「良い」と言えると思ったんです。そんなふうに自分が心惹かれる「良いモノ」を世の中に残していこうと、丸若屋を立ち上げました。

f:id:tany_tanimoto:20151211143807j:plain

――伝統工芸に惚れ込んだ。

丸若:ただ、日本の伝統工芸すべて、というわけではありません。というのも伝統工芸には「惹かれないモノ」も多くあるんです。世の中には伝統的なものを漠然と捉えて曖昧にしたまま、「残していくためにはどうするか」という考え方がありますが、そうするとフォーカスが合わず、良いモノもそうでないモノもどちらとも朽ちてしまう。本当に素晴らしい輝きを持っているモノを残すためには、早い段階で本質を見極め、選別しなくてはいけません。その選別は、僕にとってすごくやりがいのあること。結果を出せるかは分からないけれど、人生をかけてやる必要があると感じました。ただ好きだという気持ちだけでは足りなくて、世の中にとって必要なんだというモチベーションに突き動かされていますね。

――それが、九谷焼の食器や有田焼の花器をプロデュースされる仕事に繋がっているのですね。

丸若:僕はただやみくもに伝承物を保存したいわけではないから、どうやって日常で生きるモノにするかを考えています。ただ、気軽に買えるほど安価にすることは求めません。コストを無理やり下げようとすると、材料に本来使用しない物質を使ったり、「Made in Japan」と言いつつ、製品の一部は海外で作ったりしてしまうんですよ。良いモノをつくるには、嘘のないモノ作りをしなくてはならない。それができる環境を、自分で作らなければいけません。

f:id:tany_tanimoto:20151211143840j:plain

海外でビジネスをするには、「なぜそう思ったか」を突き詰めなければいけない

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。