ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

北の味!『ラープクア』ってどんなの?食べてみた!

  • ガジェット通信を≫

ลาบคั่ว ラープクア
北部風の炒めて作るラープ

バンコクでもたまに専門のお店を見かけるけど、食べる機会がありそうでなさそうなタイ北部料理。
以前も紹介したバンジャック市場で、北部の料理を売っているお店で買ってみたのがこれ。


ほかにもいろんなのを売っていた!全品制覇したいけど、場所が場所だけになかなか買う機会がないのよね。。。


どどんとアップがこれ。うーん、見た目はラープと変わらないけど、ちょっと色が濃いかな?
パクッと食べてみると、普通のラープより味が濃くて、ちょっぴり脂っこい印象。

調べてみると、普通のラープはお湯でお肉を茹でてその上に野菜やらハーブやらカオクア(生もち米を炒ったもの)等をを混ぜ合わせて作るけど、ラープクアは事前に用意したナムプリック(要は味付け用のスパイスミックスね。タイカレーのペーストも普通「ナムプリック」と呼ばれる。この場合はラープの元なので「ナムプリックラープ」と呼ぶ。)と生肉を混ぜ合わせて、その後炒めて作るらしい。炒めて作るらしい。炒める時に油も使うので、ちょっと脂っこい印象になっちゃうのかも。


バンコクではなくて、タイ北部のメーサイに行った時に頼んだのこちら。こっちはそんなに脂っこくなかったな〜。
色合いも味も普通のラープとそんなに変わらなかった。
こういう風に、内臓(レバーとか)が一緒に入っているのもラープクアの特徴みたいやね。


そしてまた、メーサイで食べたものもググッとどアップで撮ってみた。
うーん、やっぱ普通のラープとそんな変わらないけど…。ま、炒め物になっているっていうのが最大の違いかな?

extVideoConfig = {“width”:”480″,”url”:”https://www.youtube.com/watch?v=mM3MfA3-n5I”,”height”:”320″};
作り方動画も探してみた。ナムプリックラープの材料はいろーんな中国系の乾物スパイスを使っているんやね!
でも、八角とパクチーの種以外はなんだかよくわからん。。。汗 

干唐辛子をフライパンで炒めるとき、火が強くて煙がモクモク…「このスタジオ窓がないから、ちょっと煙たいですね」みたいなことを話してる。 なんだろ〜このぶっつけ本番な感じ。笑 

使っているスパイスがどういうものなのか、フツーのタイ人でも多分わからんと思うけど、動画では「実際売っているのを見つけるのは難しいと思うけど、ヤワラートとかのスパイスショップや漢方のお店に行くと売っているよ!あの、引き出しがいっぱいあってスパイスをしまっているようなお店ね!でもプリックラープのスパイスくださいって言ってもみんなわからないからね!ハハハ!」と結構無責任なことを言っている… 笑  

名前をメモして乾物屋へ行く必要がありそうやね!

街かどタイ料理! - トムヤムBlog -の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP