ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【クリスマス必須】ポテチでケーキ気分が味わえちゃうすごいやつ!? 『ポテトチップス 苺のショートケーキ味』登場!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

来週に迫ってきたクリスマス。みなさん、ケーキの準備はもうしましたか? まだしていないという人に、朗報です。コイケヤがやってくれました。『ポテトチップス 苺のショートケーキ味』が発売されます。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/1300935

ポテチでメリークリスマス!! コイケヤ『ポテトチップス 苺のショートケーキ味』

こちらの『ポテトチップス 苺のショートケーキ味』は、12月14日より全国のコンビニで先行発売、21日には全国のスーパーマーケットなどでも購入することができます。クリスマスには十分間に合います。

パッケージはかわいい苺のイラストとおいしそうなショートケーキ、ポテトチップスの写真。「苺のショートケーキ味」という文字がキラキラ光って、いかにもクリスマスっぽいです。

裏面には

国産とちおとめ苺を使用。苺の香りが口いっぱいに広がる苺のショートケーキ味に仕上げました。サクサク食感のポテトチップスと甘~い苺のショートケーキの味わいをあなたもぜひお試しあれ

というメッセージ。たしかにポテチとケーキのハーモニーなんて……きっと素敵です。

さらに『ポテトチップス 苺のショートケーキ味』のカロリーは341kcal。実際の苺のショートケーキのカロリーがだいたい366kcalくらいなので、一袋食べてしまっても、ケーキよりカロリー控えめ。ケーキとポテチを一緒に食べるよりもダイエットになるのは火を見るより明らかですね。また、ケーキ屋さんで買うケーキひと切れより、お値段も安くて経済的。気軽に購入できて、クリスマスパーティにはもちろん、年末年始の集まりにも活躍します。

ちなみにコイケヤは、この『ポテトチップス 苺のショートケーキ味』で「経済を活性化する“ポテノミクス”を展開し、日本の“景気”を刺激すること」を目指すそうです。

また、同じく裏面には、ショートケーキと、お菓子でできたコイケヤのイメージキャラクター“ムッシュ・コイケヤ”のイメージ写真が載せられています。「この写真を見て食べるともっと味わい深いのであーる!」と、ムッシュ・コイケヤご推薦。なんだかイラっと……いやなんでもないです。

開けてみると、苺の甘酸っぱ~い香りが辺り一面に。なんとなく、生クリームの甘さも感じる香りです。見た目はかつてご紹介した“もも味”“バナナ味”と同様、普通のポテチと何ら変わらないようにみえます。「これまでは許してきたけど、ポテチは甘くなくていいんだよ、しょっぱいものでいいんだよ。ケーキ味とか、いい加減にしろよコイケヤ!」なんて決して思わなかったですよ。

「今日の朝ごはんはポテチよ!」「!?」 湖池屋が“もも味”“バナナ味”チップスで朝食市場に参入! 早速食べてみた
http://getnews.jp/archives/953977[リンク]

それでは実食します。バリッと一口食べてみると……「これは確かに苺のショートケーキ味だ(笑)」。甘酸っぱい苺の酸味を生クリームが優しく包み込む、あの素敵な味わいが驚くほどに口いっぱいに広がります。そして、ポテチ感も失っていません。サクサクパリパリと食べ進めるごとにお芋のお味がこんにちは。適度な塩気は、甘さをさっぱりさせると同時に、ついつい次へと手が伸びる魔力を持っています。想像以上においしいです。

そして、パッケージを見ながら食べているうちに、ショートケーキを食べながら、ポテトチップスを食べているような気がしなくもなくなってきました。

ケーキに代わるかは個人の見解の差が出そうなのでさておき、パーティシーンを盛り上げることは間違いなしの『ポテトチップス 苺のショートケーキ味』。大人数でワイワイ楽しんでみてください。

製品概要

製品名:ポテトチップス 苺のショートケーキ味
内容量:60g
発売日・販売先:2015年12月14日(月)全国コンビニエンスストア
        2015年12月21日(月)全国スーパーマーケット等、一般チャネル 
公式サイト:http://koikeya.co.jp/news/detail/679.html[リンク]

Nagaya Ayakaの記事一覧をみる ▶

記者:

若いうちはなんでもやっとけー! とがむしゃらに生きている20代女です。 趣味は旅行と読書、創作活動、そして酒。夢中になると大変なことになるので、いつも控えめに過ごしております。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP