ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

京都の老舗のベテラン社員に強烈ダメ出し 再生ファンド「ダサいですよね」「玄人ばかりが買いに来たら苦労しない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

業績が悪化している会社でも、何が問題なのかが明らかになっていることは多い。しかし社内に人間関係を優先する雰囲気ができてしまうと、誰も偉い人にダメ出しができなくなってしまう。そうなったら「外圧」を頼るしかない。

12月8日放送の「ガイアの夜明け」(テレビ東京)は、「よそ者は老舗を救えるか?」をテーマに、老舗企業を外部の人間が改革する様子に密着した。そこで陶磁器ブランド「たち吉」のベテラン社員が、再生のプロにとことんダメ出しをされる場面があった。
創業家の社長は退任、263年続いた同族経営に終止符

「たち吉」は、創業264年の歴史を持つ京都の陶磁器販売店。昭和30年代から上質の和食器を売る店として人気を博すが、バブル崩壊後に高級品が売れなくなり、海外からの安い食器に押された。

対抗策として低価格路線へ走ったものの、かえってブラントイメージが落ちて客離れを招く。経営は悪化し、ついに今年2月、大手投資ファンド「ニューホライズンキャピタル」の傘下に入った。創業家の社長は退任、263年続いた同族経営に終止符が打たれた。

役員の交代はあったが、300人の従業員はほとんどそのままだ。商品開発の責任者で、たち吉ひとすじ29年のSさん(52歳)は、投資ファンドからやってきた幹部たちに新商品の説明をしていた。当然、役員たちのチェックは厳しいものだった。

Sさんは、レンコンに見立てた模様の小皿を「縁起物」として売ると説明したが、商品パンフレットにはその記載がない。すかさず幹部の1人に「そういうところですよね」とツメの甘さを指摘された。

「そこが訴求ポイントなら、訴求しないと分からないところですよね。一般(客)のレベルはSさんの100分の1しかないから」

自分が分かっているだけで、客への説明が足りないというのだ。さらに「玄人ばかりが買いに来たら苦労しないんだから」とあきれた口調でたたみ掛けられると、Sさんは恐縮しきって頭を下げていた。
指摘されたベテラン社員は不満顔「言いたいことはある」

20代から30代の新婚夫婦に向けたカタログギフトのセットを見せると、またしてもダメ出しが出た。パステルピンクと白の角皿に「これがダサいですよね」とズバリ。

「本当に20代30代の女性が買いたいかと言われたときに、デザインも古いし、色使いも形も古いし。昭和の食器に見えちゃう」

Sさんは、たまりかねたように「それは…、要するに…、額が稼げる(ので)。良い悪いは別ですよ?」と反論。低価格路線で利益を出すために、色々と苦労があるのだと言いたげだ。しかしすぐに「額が稼げるって、どういう意味ですか?」と突っ込まれた。

Sさんが「3000円のマーケットで、どの商品を発売しても、一定の…」という説明も、「それは全然いいんです」と容赦なくさえぎられ、「ただ、この柄とか形だったら、たち吉の名前出すのはどうなの、って感じだけなんです」と決定打を食らう。

生え抜きのベテラン社員は根本的な問題で、外部からやってきた再生のプロに太刀打ちできなかった。「たち吉」を立て直したい思いは同じはずだが、Sさんは明らかに不満顔で「言いたいことはたくさんありますけど…」と言葉を濁した
映像を見た筆者も同感。よそ者の指摘は正しかった

もちろんこのようなやりとりに対し、「ベテラン社員への敬意を欠いている」「言い方というものがあるだろう」といった批判をする人もいるかもしれない。「感じ悪い」と反発し、仕事のやる気が失せるという見方もあるだろう。

しかし失礼ながら、映像をみた筆者も、ダメ出しをした幹部の「古い」「ダサい」に全面的に同感だった。商品を見た瞬間に、ひとりの消費者としてガッカリしてしまったのだ。この段階で「とってもいいんだけどね、ちょっとここが」などと内輪の気遣いをしても、会社はよくならないのが現実だろう。

Sさんは腐らず、「言われたことは受け止めて、良いものをもう一回再生していきたい」と語っていた。もともと素直で従順な方なのだろう。これまでも会社の方針にきちんと従ってきたのだが、その結果、業績悪化を招いてしまったことにサラリーマンの悲哀を感じる。

強いダメ出しをされていたSさんは、大量生産で見失っていた老舗ブランドのプライドを取り戻すべく、つきあいが途切れていた職人たちに新商品の生産を依頼していた。職人の手仕事で生まれた「火色の大皿」は、どこに出しても恥ずかしくないような立派な品物だった。よそ者のダメ出しは正しかったのだ。(ライター:okei)

あわせてよみたい:日本の老舗企業を英国人アナリストを救う?
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP