ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オバマ米大統領夫妻、2015年のお気に入りの1曲を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 オバマ大統領によるSpotifyのエレクトリック・サマー・プレイリストに始まり、同夫人の“デイ・オブ・ザ・ガール”ミックスに至るまで、米大統領夫妻が音楽に対し熱い思いを持っているのは明らかだ。そんなオバマ大統領夫妻にとっての2015年のフェイバリット・ソングがこの度明らかになった。

 米ピープル誌の最新インタビューで詳細が語られているとおり、ミシェル夫人のお気に入りはマーク・ロンソンとブルーノ・マーズによる「アップタウン・ファンク」だそうだ。一方のオバマ大統領は同誌に、ケンドリック・ラマーの「ハウ・マッチ・ア・ダラー・コスト」以外に考えられないと語っている。

 この他、オバマ大統領夫妻のこの1年のお気に入り書籍や映画、最も思い出深い出来事などは、12月11日のピープル誌最新号に掲載されるという。

関連記事リンク(外部サイト)

【全米年間アルバム・チャート】テイラー・スウィフト『1989』が堂々の1位、2年連続の年間TOP3入り
【全米年間シングル・チャート】マーク・ロンソン「アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ」がエド・シーランやウィズ・カリファを抑え首位に
アリアナ・グランデのメイクを真似できるメイク動画公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP