ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SNSはもう古い!?光で交流する未来型ウェアラブルデバイス「Gemio」が新しい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SNSやチャットでの交流は、もはや当たり前。

デジタルに敏感な若者たちは、早くも新たなコミュニケーションツールを求め始めている。

そんな矢先、登場したのがこの「Gemio」。イベント好きの若い世代にぴったりな、新感覚のコミュニケーション型ウェアラブルデバイスだ。

・光の信号でコミュニケーション!

一見、それとわからないほどお洒落な「Gemio」。

光の点滅とアプリのメッセージによって、親しい友人とコミュニケーションを取れるようになっている。

使い方は、簡単。友達と一緒に「Gemio」を装着し、同期させるだけ。

ブレスレットのバンドは、RGB LEDライトでできており、ユーザーの動作に合わせて、さまざまな光のパターンを構築。友人との距離が15~30m以内であれば、光の信号で居場所を知らせることができる。

・光パターンからデザインまで自分好みにカスタマイズ

自分達にしかわからないよう、光のパターンをパーソナライズ化することも可能。光のチャットを使って、離れた場所から会話するのも楽しい。

野外フェスなど、大きなイベント時での利用が想定されているため、好きな音楽に合わせて、フラッシュでビートを刻むという離れ技もやってのける。

デザインは豊富にそろっているが、個性派には、アプリからのカスタマイズがおすすめ。外も中も、すべて自分好みにできるところも、この製品の大きな魅力だ。

スタイリッシュな「Gemio」は、ただいまプレオーダー受け付け中。12月31日までに予約すれば、85ドルで入手できる。

Gemio

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP