体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

実際にテレビを壁掛けにして分かったこと 仕組みを知っておくと絶対お得です!

TV-017

テレビなんて壁掛けにするのは金持ちでファッションを気にするおしゃれな人? 見た目はカッコいいけどそれなりに出費も必要? ……という印象ではないでしょうか?
また、一度壁掛けにしたら、次に買うときも専門業者という沼にはまるのではないのか? 私もそう思っていました。でも、今回個人的にテレビ取り付け金具をサンプルでもらい取り付けたら、いろいろな誤解が無くなりました。筆者の部屋はおしゃれではないですが、テレビを壁掛けにすることで少しは良くなったのかな、と感じています。

壁掛けの金具の仕組み

まず、壁掛け金具の仕組みが一般には知られていません。壁掛け金具は部品としての販売なので、エンドユーザ向けの分かりやすい説明がないためです。ただ、仕組みは非常に単純で、大きく二つの部品で構成されています。

一つ目は壁に固定する金具です。多くは長方形の形をした金具です。これをねじで壁に固定します。
二つ目はテレビ側に固定する金具です。テレビの後ろには既に壁掛け用のねじ受けがあり、そこに金具をねじ込めるようになっています。

この二つの金具が勘合して、テレビを壁に固定します。最後にねじで二つの金具を固定して終了です。

TV-002

壁掛け金具のセットです。

TV-015

壁にはこのような金具を固定します。(必ず支柱のある場所にねじ込むこと)

TV-012

テレビ側にはこのような棒状の金具を固定します。(説明のため壁側の金具がついています)

TV-006

テレビ側には金具固定用のねじ穴があります。

理解としては、

・テレビ側の施工は誰でも出来そう
・壁側の施工は大工などの職人技が必要

です。壁側の施工がされていれば、あとは誰でも出来そうな感じです。

最初は本職に任せる必要があるが、次にテレビを交換するときは自分で出来そう

テレビの壁掛けが難しいのは、壁への金具取り付けだけで、あとは簡単です。このため、テレビを交換するときにまた業者に頼まないといけない! ……ということがありません。通販で買った激安テレビでもサイズが同じであれば自分で交換可能なので、永遠に専門業者という沼にはまることはありません。

TV-011

実際はテレビ側を斜めにして壁側の金具にはめ込みます。

TV-010

そのままだと不安定なので、ねじで両側の金具を固定します。テレビを交換するときはこのねじを緩めてテレビを外します。

自宅施工時の注文方法

テレビを住宅設備に含めると非常に高価になる可能性があります。また、金具もメーカー純正品、ハウスメーカー指定品の場合は非常に高い可能性があります。このため、安価な金具を部屋の数だけ購入して置き、壁側の金具だけを施工してもらいます。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会