ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

十勝たちばなとサンリオが初コラボ「ハローキティ フレッシュパンセ」1万箱限定で販売中!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

メディアフラッグの子会社である十勝たちばな(http://www.tokachi-tachibana.co.jp/)は、サンリオと初めてコラボレーションした商品「ハローキティ フレッシュパンセ」を販売中だ。

フレッシュパンセは、ふんわりと焼き上げたブッセ。サクッとした食感なのに口どけが良く、「世田谷みやげ」にも選出されている。このスイーツの歴史は意外と長く、ブッセ生地にクリームやジャムをはさんで焼き上げたお菓子を、1962年に商品名「フレッシュパンセ」として発売したのがはじまりだとか。

戦後、甘いお菓子が少なかった時代「美味しいお菓子を人々に食べさせたい」と創業者がその想いや夢を込めて同商品を創作。半世紀にわたり親しまれてきた。チーズバターとアンズジャムが通年販売。また、季節毎に限定の味を1~2種類ほど入れ替えながら売り出している。

ハローキティ フレッシュパンセは、「りんごジャム」と「抹茶クリーム」の2種類。十勝たちばなが展開するブランド「十勝甘納豆本舗」「菓心たちばな」「甘味しゅり春秋」の一部店舗で取り扱っている。

なお、「りんごジャム」「抹茶クリーム」は各5000箱限定、合計1万箱を販売する。価格は5個入り税抜1200円となっている。売り切れ次第終了となるため、興味がある方はお早めに。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP